ケガや病気の野生動物を見つけたら・・・

掲載日:2019年6月6日

野生動物は、必ず救護しなければいけないという訳ではありません。自然の中で死ぬことは、ひとつの命を次の命へとつなぐという大切な自然のしくみのひとつだからです。
自然環境保全センターでは、県民の方により搬送された傷ついたり弱ったりした野生動物(鳥類、哺乳類)を保護し、自然にかえす取り組みをしています。

傷病鳥獣受け入れの臨時休止について

令和元年6月15日(土曜日)、6月16日(日曜日)は神奈川県自然環境保全センターでの野生動物の受入れを休止いたします。(6月17日(月曜日)は休館日ですので6月18日(火曜日)から受入を再開します。)ご了承ください。

メニュー

野生動物への対応

野生動物を見つけたら・・・
保護する前にまずこちらをご覧ください。

 

受け入れできない動物

当センターでは保護の受け入れができない
動物がいます。

 

 

 

動物を持ち込むときの注意点

保護することになったら・・・
施設に持ち込む前に確認してほしいこと。

 

 

 

 

傷病鳥獣救護の実績

当センターで保護した動物の数や
野生に返した動物の数と救護原因など。

 

 

お知らせ

傷病鳥獣に関するお問合せ

傷病鳥獣に関するお問合せは、以下の番号にお願いいたします。
046-248-0500(受付時間:午前9時30分から午後4時)
【お知らせ】令和元年6月15日(土曜日)、6月16日(日曜日)は神奈川県自然環境保全センターでの野生動物の受入れを休止いたします。(6月17日(月曜日)は休館日ですので6月18日(火曜日)から受入を再開します。)ご了承ください。

傷病鳥獣受入れ業務の定休日について

定休日:毎週月曜日(祝日の場合は開館)、祝日の翌日(土日祝日の場合は開館)、年末年始(12月28日から翌年1月4日まで)
ご理解とご協力を宜しくお願いいたします。

野生動物救護ボランティア講習会を開催します

当センターで野生動物救護ボランティアとして活動していただける方を募集するにあたり、講習会を開催します。

開催日:平成31年6月15日(土曜日)、16日(日曜日)
※どちらも同じ内容です。ご都合のよい日をお申し込みください。
詳細、申し込み方法はこちらから


神奈川県野生動物救護ボランティアのご案内(別ページへリンク)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa