令和元年台風15号の降雨における遊水地への流入状況

掲載日:2019年9月24日

台風15号の降雨では、神奈川県が管理する以下の遊水地で洪水調節を行い、河川の水位低下に効果を発揮しました。

台風15号の降雨により流入のあった遊水地

河川名 遊水地(所在地) 容量[単位:千立方メートル] 流入量[単位:千立方メートル]
境川 境川遊水地(横浜市戸塚区、泉区、藤沢市) 1,040 290
引地川 大庭遊水地(藤沢市) 284 57

遊水地の水位低減効果について

境川の境川遊水地(横浜市戸塚区、泉区、藤沢市)、引地川の大庭遊水地(藤沢市)では、下流の観測所における水位の低減効果について検証しています。

台風15号の降雨における境川遊水地の水位低減効果について(PDF:203KB)

台風15号の降雨における大庭遊水地の水位低減効果について(PDF:232KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa