「ソウシハギ」は食べないで

掲載日:2018年3月25日

ソウシハギとは

平成24年11月にカワハギ科のソウシハギが日本各地で確認されているとの報道が複数ありました。

ソウシハギは、本県でも普通に漁獲されています。

ソウシハギは誤って食べると死亡することがあるパリトキシン様毒を持っている可能性があるため、絶対に食べないで下さい。

なお、市場では流通していません。 

ソウシハギの画像

神奈川県立生命の星・地球博物館提供(撮影 瀬能 宏) 


パリトキシン様毒とは

パリトキシン様毒を原因とする主な中毒症状は、激しい筋肉痛、呼吸困難、歩行困難、麻痺、痙攣等で、重篤な場合には死亡することもあります。


動物性自然毒

ソウシハギ以外にも、食中毒に関与する動物性自然毒(パリトキシン様毒、フグ毒、シガテラ毒等)を持っている魚介 類には色々な種類があります。

詳細は、以下の関連情報をご確認下さい。 


関連情報

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa