土砂災害について

掲載日:2019年1月16日

災害から守る・・・砂防事業

 大雨などにより土石流が発生し、人家等に被害の恐れがある渓流について、土石流による被害を防止するため、砂防えん堤や渓流工等の整備を行っています。

 「土石流」とは、山の斜面から崩れた土や石、谷底にたまっていた砂利や石などが、長雨や集中豪雨などにより発生する水と一緒になって、一気に流れ出てくる現象をいいます。

砂防えん堤

写真:山の神沢3号堰堤 写真:山の神沢3号堰堤
 

 

 

 

 

 

山の神沢3号えん堤【透過型砂防えん堤】(厚木市七沢)

災害から守る・・・地すべり対策事業

 地下水などにより地すべりが発生し、人家、河川・道路等の公共施設に被害の恐れがある箇所について、地すべりによる被害を未然に防止するため、法枠工やアンカー工等の対策工事を行っています。

 「地すべり」とは、比較的緩やかな斜面において、粘土などの滑りやすい地層に雨水などがしみ込んで、その上の土地が広い範囲にわたってゆっくりと動き出す現象をいいます。

被害状況

写真:歩道(縁石)の押出し状況
 地すべりによる歩道(縁石)の押出し状況

対策状況

写真:法枠とアンカー工
 法枠工とアンカー工(愛川町田代)

災害から守る・・・がけ崩れ(急傾斜地崩壊)対策事業

 大雨や地震などによりがけ崩れが発生し、人家等に被害の恐れがある箇所について、がけ崩れによる災害から人命を守るため、法枠工や擁壁工等の対策工事を行っています。

 「がけ崩れ」とは、急な斜面にしみ込んだ雨水や地震などの影響によって、突然斜面が崩れ落ちる現象をいいます。

被害状況

写真:がけ崩れの状況
 がけ崩れの状況

対策状況

写真:日向区域(愛川町)の法枠工
 急傾斜地崩壊危険区域【日向地区】(愛川町半原)

土砂災害防止法について

 土砂災害(土石流、地すべり、がけ崩れ)から、住民の皆様の生命を守るため、土砂災害の恐れのある土地の区域を明らかにし、その区域についての危険の周知、警戒避難体制の整備を図るとともに、新たな開発行為の制限や建築物の構造規制を行うなど、ソフト面の対策を推進する法律です。

「土砂災害防止法とは」パンフレット[PDFファイル/6.05MB]

 当所管内では、順次、土砂災害防止法に基づく基礎調査及び土砂災害警戒区域等の指定を行っています。区域の指定の状況については、こちらをご覧ください。

県土整備局 砂防海岸課「神奈川県土砂災害情報ポータル」のページへ

土砂災害に関する各種閲覧、許認可、届出に関することは

・当所が管轄する土砂災害警戒区域等の詳細な指定図を閲覧したいときは
・土砂災害特別警戒区域内特定開発行為を実施したいときは
・当所が管轄する砂防指定地区域図の詳細図を閲覧したいときは
・砂防指定地内での占用、工作物の設置、土地の形状変更等を行いたいときは
・当所が管轄する地すべり防止区域図の詳細図を閲覧したいときは
・地すべり防止区域内における工作物の設置、土地の形状変更を行いたいときは
・厚木市・愛川町・清川村の急傾斜地崩壊危険区域図の詳細図を閲覧したいときは
・急傾斜崩壊危険区域内における工作物の設置、土地の形状変更行いたいときは

 →許認可指導課(許認可・財産管理班)にご連絡ください。

・当所が実施している整備、工事の詳細(技術的諸元など)について知りたいときは
・当所が整備した工事物の瑕疵(損傷、劣化など)を見つけたときは

 →河川砂防課にご連絡ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa