道路維持課

掲載日:2019年2月4日

厚木土木事務所のトップページへ 「道路について」へ

業務案内

 道路維持課では、道路や橋、トンネルを定期的にパトロールして、施設の損傷箇所の早期発見に努め、これを直ちに補修する工事を行っています。

 また、交通安全やバリアフリーの視点から歩道の設置や歩道の幅を拡げる、段差を解消するなど歩道の整備や、交差点の改良を行っています。

 さらに道路の安全性を高めるため、老朽化した橋やトンネルの点検を行うとともに、橋やトンネルの長寿命化対策や道路わき斜面の補強工事など防災工事にも取り組んでいます。

 道路維持課では主に次のように業務を分担しています。


維持防災班

道路の補修及び災害防除工事などを担当しています。

1 道路維持管理(路面補修や側溝清掃)

2 橋りょう補修、街路樹維持管理、凍雪害対策

3 道路施設パトロール

県道70号(秦野清川)災害防除工事

豪雨、地震等の災害に備えるとともに、安全で快適な道路環境づくりを推進するため、危険箇所について、法面から土砂の崩落を防ぐ工事を実施しています。

安全施設班

歩道の整備・維持管理及び交差点改良工事などを担当しています。

1 交通安全施設(歩道など)の整備及び維持管理

2 交差点の改良工事

3 道路照明灯の整備・維持管理

機動班(道路監視員)

道路の維持補修及び現場調査などを担当しています。

1 道路の維持管理業務の現場調査及び補修

2 街路樹等の維持管理

 

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa