農産物の上手な利用法(小梅干し(200g・梅酢)/作り方)

掲載日:2018年3月9日
材料 作り方のアドバイス

農産物の上手な利用法の表紙

作り方

(1)小梅を水洗いする。

写真写真

(2)水洗した小梅をザルにとり、水気をザッときったら、表面についてる水分を乾いた布巾でサッと拭き取る。

写真写真

(3)小梅を容器に入れる。

写真写真

写真写真

(4)容器に入れた小梅に梅酢を注ぎ入れる。

写真写真

写真写真

(5)ポリエチレン袋に水を入れ、水重石を作る。

写真写真

写真写真

(6)容器に入れた小梅の上に(5)の水重石をのせる。

写真写真

写真写真

(7)容器にフタをする。

写真写真

(8)1日1回、容器を軽く揺すり、小梅と梅酢をなじませる。

写真写真

(9)浮いていた小梅が容器全体、あるいは容器の底まで降りてくるまで、毎日なじませる。

写真

(10)小梅と梅酢が完全になじんだら、小梅を容器から取り出す。

写真写真

写真写真

(11)漬け上がった小梅をざるに広げて、天日に干す。

写真写真

写真写真

(12)天日干しの容器は直射日光の当たるところにおき、小梅の重量が干し始めの70%になったら干しを終了する。

写真写真

(13)天日干しが終了したら、容器に入れ、製造にかんする情報を書いたラベルをつけ、冷蔵庫に入れて保存・利用する。

写真写真

写真写真

材料 作り方のアドバイス

農産物の上手な利用法の表紙

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa