農産物の上手な利用法(サワークラウト・刻み4kg/作り方)

掲載日:2018年3月9日
材料 ビン詰 作り方のアドバイス 農産物の上手な利用法の表紙
作り方

(1)キャベツと塩、漬物容器、重石をそろえる。

写真写真

(2)キャベツの外葉を取り、水洗する。

写真写真

(3)キャベツの外葉を繊維を切るように、切り幅をを揃えて切る。

写真写真

(4)切ったキャベツはザルにとる。

写真写真

(5)外葉を除いたキャベツを縦方向の2ツ割り、あるいは4ツ割りにする。

写真写真

(6)キャベツの芯を切り取る。

写真写真

(7)芯を取り除いたキャベツを繊維を切るように、切り幅をを揃えて切る。

写真写真

(8)切ったキャベツをザルに入れ、分量の塩と容器を用意する。

写真

(9)切ったキャベツを掴みあげ、容器に入れる。

写真写真

(10)一つまみの塩を容器の入れたキャベツに振りかける。

写真写真

(11)塩を振りかけたキャベツをザッとかき回し、塩を全体になじませ、ギュッギュッと押さえる。

写真写真

(12)(9)~(11)を繰り返し、全部のキャベツを容器に詰め込む。

写真写真

(13)キャベツを全て容器に入れたら、残った塩をキャベツに振り込む。 

写真写真

(14)表面のキャベツをかき回し、塩を混ぜ込み、水気が出るまで全体をギューギューと押し付ける。

写真写真

(15)キャベツの表面にポリエチレンシートを敷き、押しブタをのせ、重石をのせる。

写真写真

(16)容器にフタをかぶせ、ポリエチレンシートで覆い、清潔なところに保存する。

写真写真

(17)保存環境の温度と塩の濃度で発酵速度が異なりますが、冬なら1ヶ月、夏ならば1週間くらいで食べ頃になる。サワークラウトは乳酸発酵しているので、乳酸菌が活発に活動する温度環境に置くとどんどん酸味が増してくるので、低温におく。長期保存するときはビン詰にするか、袋詰して冷凍保存する。

写真写真

材料 ビン詰 作り方のアドバイス 農産物の上手な利用法の表紙
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa