農産物の上手な利用法(キュウリハチミツワイン漬け/材料)

掲載日:2018年3月6日
作り方 作り方のアドバイス 農産物の上手な利用法の表紙
材 料
下漬け
キュウリ 1kg(12本)
塩 6g

調味漬け
白ワイン 90ml
ハチミツ 135g
ローレル 1枚
黒コショウ 3粒
クローブ 1粒
オールスパイス 1粒
塩 6g

写真   写真

★下漬キュウリ

新鮮なキュウリを調味液に漬け込んでもよいのですが、下漬けをするとキュウリは85~90%になり、調味漬けの調味材料の使用量を節約できます。下漬けの手間が面倒なときは調味液を10~15%くらい多く調整し、新鮮なキュウリを漬け込んでください。
キュウリは長いまま漬け込み、仕上げ、食卓にのせるときに漬けあがったキュウリを切って出したほうが、切り口がきれいになります。

写真   写真

★ワイン

ワインは手近にあるワインを使えばよいのですが、赤ワインは避けたほうがよいでしょう。白ワインまたはロゼワインを使ってください。ハチミツを使うので甘味は少なくてもよいのですが、酸味は強いほうが味にアクセントがつきます。酸味が弱いと甘ったるい漬物になってしまいます。

写真   写真

★ハチミツ

ハチミツは手近にあるハチミツを使ってください。白い結晶が析出しているハチミツでも問題はありません。白い結晶であっても必要量を取り出して、下漬けキュウリを入れた容器に加えてください。

写真   写真

★スパイス類

ハチミツワイン漬けはちょっと洋風の味になりますので、スパイスでアクセントを付けます。スパイス類は使いすぎることが多いので、はじめはちょっと少ないくらいにしてください。繰り返し作ってみるときには好みのスパイスを加えてください。

写真

★漬物容器

漬物容器は清潔で異臭の無いものを使ってください。普通の漬けものを作るのと同様の容器でよいのですが、ワインやハチミツのよい香りに異臭が付くのは避けなければなりません。
樽でもよいのですが、少量のキュウリをつけるのならば、ポリエチレン袋の方が使い勝手がよいでしょう。キュウリを入れたポリエチレン袋を四角な容器に入れ、小砂利を入れた重石をかけるとよいでしょう。

写真   写真

作り方 作り方のアドバイス 農産物の上手な利用法の表紙
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa