農産物の上手な利用法(ダイコンの揉み漬け/作り方)

掲載日:2018年3月9日
作り方

(1)ダイコンは良く洗い、葉を切り落とす。

写真写真

(2)ダイコンは皮をむき、横に5~6cmに切ってから、1cm幅の薄い拍子木切りにする。

写真写真写真

(3)葉は黄色の葉を除きよく洗い、5cm長に切る。

写真写真

(4)分量の塩をはかる。

写真

(5)(2)のダイコンと(3)の葉を容器に入れ、分量の塩を加える。

写真写真

(6)(5)の容器に入れた材料を手でキュッキュッと揉み込む。

写真

(7)水がジャブジャブに出てきたら、ザルに入れ、水をサッとかける。

写真写真

(8)(7)の材料を手でギューッと絞る。

写真

(9)直ぐに食べられる。

写真


作り方のアドバイス

★ダイコンの調整

ダイコンは皮を剥きましたが、好みで皮を剥かずに漬けることも問題ありません。また切り方も拍子木に切りましたが、薄いイチョウ切りも良いでしょう。あまり厚いのは塩が浸透しにくいので、薄く切ることがポイントです。

写真 写真
拍子木切り イチョウ切り

ダイコンの葉は黄色になったところは取り除き、ダイコンと同じ長さからちょっと短めに切って下さい。でも葉柄の筋がちょっと硬い時は細かく切って下さい。

★漬け込み

直ぐに食べないなら、漬け込み容器に入れ、塩をまぶして、押しぶたをし、軽い重石をしておけば1日で漬け上がります。ザルに入れ、水をサッとかけ、手でギューッと絞れば出来上がりです。

写真写真

★超カンタン揉み漬け

ダイコンが少ないときは厚手のポリエチレン袋にダイコンと分量の塩を入れ、ギュッギュッと揉むとカンタンに揉み漬けができます。

写真

★漬け上がり

生のダイコン950gは揉み込んで、ギューッと絞ると700gくらいになります。


ダイコンの揉み漬けの材料へ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa