農産物の上手な利用法(ダイコンのレモン漬/作り方)

掲載日:2018年3月7日
作り方

(1)ダイコンは良く洗い、葉を切り落とす。

写真写真

(2)ダイコンは皮をむき、縦に四つ割りにしてから1cmくらいに切る。

写真写真写真

(3)分量の水に塩を溶かす。

写真

(4)レモンは良く洗い、1mm厚に切る。

写真写真

(5)昆布は細切りにする。

写真

(6)漬け込み容器に(1)のダイコンの1月3日量を入れ、(4)のレモン、(5)の昆布をそれぞれ1月3日くらい入れる。

写真写真

(7)(6)を繰り返し、ダイコン、レモン、昆布をすべて漬け込み容器に入れる。

写真

(8)(3)の塩水を回しかけながら漬け込み容器に入れる。

写真

(9)押しふた(蓋)をし、重石をのせる。

写真写真

(10)漬け込んだ翌日から食べられる。

写真写真


作り方のアドバイス

★ダイコンの調整

ダイコンは皮をむきましたが、好みで皮をむかずに漬けることも問題ありません。また切り方も1cm厚のイチョウ切りにしましたが、乱切りにするのも良いでしょう。あまり大きいのは食べにくいので、食べやすい大きさにすることがポイントです。

写真 写真
イチョウ切り 乱切り

ダイコンの皮と葉は刻んで塩もみにするのも良いでしょう。また、刻んだニンジンなどと混ぜて即席漬けにも利用できます。ポイと捨てることなく、無駄なく利用しましょう。

写真

★漬け込み

ダイコン、レモン、昆布のすべてを漬け込み容器に入れ、差し水(塩水)を回しかけながら入れますが、ダイコンがゴロゴロしてすき間が多いので、はじめは差し水に触れないダイコンがあります。水の上がりを早めるため、差し水を入れたら、漬け込み容器を傾けて、すべてのダイコンの表面に差し水が触れるようにして下さい。重石をすれば、漬け込み後1~2時間でダイコンの上まで水が上がってきます。

写真写真

★漬け上がり

漬け込み1晩で、固形物総量は1.9kg、漬け液は1.0kgとなります。この漬け液の塩分は2.5%、pH3.9、酸はクエン酸として0.15%です。ダイコンは味が均一になっていませんが、浅漬けとしておいしく食べられます。
ダイコンと漬け液を一緒に容器に入れておくと塩がダイコンに入り、塩辛くなってきます。できれば、この段階でダイコンを漬け液から出して下さい。もう少しおきたいなら、固形物を別の容器あるいはポリエチレンの袋に入れ、水で2倍に薄めた漬け液(塩分が1.3%になる)を、固形物の量に対し、1月2日~1/3量をあわせて、冷蔵庫に入れて下さい。こうすれば、少し酸が薄くなりますが、塩辛くなることは防げます。


ダイコンのレモン漬の材料へ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa