農産物の上手な利用法(桜の花漬(100g)/仕上げ)

掲載日:2018年3月6日
材料 漬け込み 作り方のアドバイス 農産物の上手な利用法の表紙
仕上げ
塩 陰干した桜花の20%
ポリエチレン袋 1枚

写真

(1)袋詰め込み後、2~3日したら、袋の中の桜の花の漬け液をギュッと絞る。

写真写真

(2)漬け液を絞った桜の花をボウルに取り出す。

写真写真

(3)固まった桜の花を解す。

写真写真

(4)解した桜の花をザルに散らし入れる。

写真写真

(5)ザルに入れた桜の花を陰干しする。

写真

(6)陰干しが終えたら、陰干し後の桜の花の重量を量り、その20%量の塩を用意する。

写真写真

(7)ポリエチレン袋に桜の花と塩を入れる。

写真写真

(8)袋の口をにぎり、袋を揺すって、桜の花に塩をまぶしつける。

写真写真

(9)塩が均一にまぶせたら、保存容器に入れる。

写真写真

(10)保存容器に品名、作った年月日を記し、冷暗所に保存する。

写真写真


材料 漬け込み 作り方のアドバイス 農産物の上手な利用法の表紙
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa