農産物の上手な利用法(コンニャク(生いも1kg・擂り下し・蒸煮・炭酸ナトリウム)/材料)

掲載日:2018年3月9日
作り方 作り方のアドバイス 農産物の上手な利用法の表紙
材 料
コンニャクイモ 1kg
水(コンニャクイモの4倍) 4リットル
炭酸ナトリウム 14g

写真写真

★コンニャク

コンニャクはサトイモ科コンニャク属の一種で、原産地はインドシナ半島あたり。日本には仏教の伝来と同じ頃に導入されたという説ともっと古い時代に農耕文化にともなって渡来したという説があります。いずれにしても日本では古くから食用にされていたと考えられます。

写真写真

コンニャクを経済作物として積極的に農業に取り入れたのは江戸時代になってからで、水戸藩の中島藤衛門によって荒粉、精粉の加工法が考案されてから生産販売が盛んになりました。

★マンナン

マンナンはコンニャク芋に多量に含まれるグルコースとマンノースからなる多糖類です。コンニャクのマンナンを水に入れると水を吸い、糊状になり、強い粘性をあらわします。さらにアルカリを加えるとブリブリしたゼリー状に凝固します。

★凝固剤

コンニャク糊にアルカリを加えるとゼリー状に凝固します。加えるアルカリの種類によってコンニャクゼリーの硬さや弾力性が異なります。昔は木灰を水にいれた上澄み液を用いたこともありましたが、現在は食品添加物として許可されている水酸化カルシウムや炭酸ナトリウムを用います。

写真写真

作り方 作り方のアドバイス 農産物の上手な利用法の表紙
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa