農産物の上手な利用法(メキャベツのピクルスの作り方)

掲載日:2018年2月28日
作り方

 

(1)塩水漬けメキャベツをサッと水洗いし、水を切る。

(2)容器に(1)のメキャベツとトウガラシを入れる。

(3)ボウルに水、ビネガー、砂糖をあわせ、火にかけて、撹拌する。

(4)(3)のビネガーが沸騰したら、(2)のメキャベツを入れた容器に注ぎ入れる。

(5)容器の蓋をして、倒立放冷する。

(6)容器を冷暗所に保存する。


作り方のアドバイス

★ピックル液の量

ピックル液はメキャベツが浸るくらい入れてください。メキャベツが液からとび出ていると褐色に変色してきます。ビンにメキャベツを詰め、ピックル液を注ぐとメキャベツの比重が軽いため、メキャベツをビンにキュッキュッと詰めておかないと、浮き上がってきます。メキャベツがどうしても浮き上がるなら、浮き上がらないように上面を押さえて、ピックル液を入れて下さい。

★ピックル液の温度

沸騰しているピックル液を容器に入れてください。もしもピックル液の温度が低いなら、容器に入れた後、70℃の湯に浸けて、温度を上げてから、蓋をして、倒立放冷してください。倒立放冷する時間は30分以上であればOKです。作業工程から倒立放冷が数時間になっても問題はありません。
ピックル液の温度が低いと殺菌が不十分なため、長期保存ができなくなります。

★食べ頃

ピクルスは液の風味がメキャベツになじめば、その後の味の変化は大きくありません。保管する温度にもよりますが、1~2ヶ月を過ぎれば風味がなじんできます。開封したビンは微生物の攻撃を受け日持ちしません。開封したら冷蔵庫に入れ、早く食べて下さい。

メキャベツのピクルスの材料へ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa