農産物の上手な利用法(割り干ダイコンのレモン醤油漬/作り方)

掲載日:2018年3月6日
作り方

 

(1)割り干しダイコンはぬるま湯で洗い、包丁で3cmくらいに切る。

(2)キュウリは縦に四つ割りにしてから3cmくらいに切る。

(3)ニンジンはせん切りにする。

(4)レモン1個は果汁を搾り、1個はスライスする。

(5)昆布は細切りにする。

(6)醤油、水、レモン果汁、砂糖、味醂を合わせて、調味料液を作る。

(7)ボウルに(1)の割干ダイコンと(2)のキュウリ、(3)ニンジン、(4)のレモンスライス、(5)の昆布を入れて混ぜ合わせる。

(8)(6)を漬け込み容器に入れる。

(9)(5)の調味液を加え、軽い重石をのせる。

(10)漬け込んだ翌日から食べられる。


作り方のアドバイス

★漬け込み容器

広口のガラスビンに漬け込むのが、上下撹拌するのにも便利です。漬け込みが終わったら軽い落とし蓋をして、原料が調味液の上に出ないようにして下さい。

★漬け上がり

漬け込み1日で割り干しダイコンが調味液を吸い、固形物総量745g、液体282mlとなります。漬け込み1日では、割り干しダイコンがやや固いですが、早漬けとして楽しめます。
割り干ダイコンのレモン醤油漬の材料へ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa