農産物の上手な利用法(ハリハリ漬け/作り方)

掲載日:2018年2月28日
作り方
(1)割り干しダイコンは水で洗う。

写真:割り干しダイコンを水で洗う 写真:洗った割り干しダイコンをザルにとる

(2)割り干しダイコンを1cmくらいに切る。

写真:割り干しダイコンをハサミで切る 写真:1cmくらいに切った割り干しダイコン

(3)昆布をせん切りにする。

写真:昆布をせん切り 写真:せん切りの昆布

(4)スルメをせん切りにする。

写真:スルメをせん切り 写真:せん切りのスルメ

(5)唐辛子は種を抜き、小口に切る。

写真:唐辛子を小口に切る 写真:小口に切った唐辛子

(6)鍋に調味料を合わせ、ひと煮立ちさせ、冷ます。

写真:鍋に調味料を合わせる 写真:鍋の調味料をひと煮立ちさせる

(7)バットに(1)の割り干しダイコンと(3)の昆布、(4)のスルメ、(5)の唐辛子を入れ、ザッと混ぜる。

写真:バットに材料を入れる 写真:バットに入れた材料を混ぜる

(8)漬け込み容器に(7)のあわせた漬け込み材料を入れる。

写真:漬け込み容器に材料を入れる 写真:漬け込み容器に材料を入れ終わる

(9)(8)に(6)の調味液を注ぎ込む。

写真:調味液を注ぐ 写真:調味液を注ぎ終わる

(10)重石をする。

写真:軽い重石を用意する 写真:重石をのせる

(11)時々箸で全体を混ぜながら、保管する。

写真:軽い重石をする 写真:保管

(12)4日~6日で、味がなじみ、食べ始める。

写真:4~6日で味がなじむ 写真:器に盛る


このページのトップへ
ハリハリ漬の材料へ
作り方のアドバイスへ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa