農産物の上手な利用法(ふすま漬けの作り方)

掲載日:2018年3月9日
作り方

 

(1)ダイコンを干す。

(2)干し上がったダイコンの葉と根を切る。

(3)一番上におく塩を取り分ける。
(4)塩、ふすま、ウコンを混ぜ合わせる。

(5)樽の底に(4)の塩ふすまふり、干しダイコンをすき間なく詰め、(4)の塩ふすまをふる。

(6)(5)を繰り返す。塩ふすまは下に少なく、上に多くふる。

(7)最上段に塩ふすまのせ、干葉(ひば)をすき間なくのせる。

(8)取り分けておいた(3)の塩を干葉の上にふる。

(9)押しぶたをのせ、重石をのせる。

(10)樽に覆いをして保存場所におく。


作り方のアドバイス

★ダイコンの詰め方

ダイコンの詰め方にはいろいろな詰め方があります。
直漬け(揃漬け) 十文字漬け(井桁漬け) サンマ漬け
車漬け 直漬け+十文字漬け
いずれの詰め方にしても、容器とダイコンの形状を考慮して、なるべくすき間が少なくなるようにダイコンを容器の八分目まで詰めてください。
容器に山盛りにして、漬け込んでもダイコンは萎んで、容器の中に収まっていきますが、漬け水は容器からこぼれ出てしまいます。

★漬け水

長期漬けでは常に漬け水が押し蓋の上に上がっていなければいけません。
空気に触れたダイコンは黒褐色に変色するばかりでなく、香や味も悪くなってしまいます。

ふすま漬けの材料へ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa