農産物の上手な利用法(シソの実漬け/材料)

掲載日:2018年3月6日
材 料

 

シソの実 500g
塩 50g

★シソの実

シソはヒマラヤ、ミャンマー、中国南部の原産といわれている、一年生の草本です。茎や葉、花穂など全体に芳香があり、各部分がそれぞれに利用されています 花穂は白色や淡紅色、赤紫色の花をつけます。花穂の三分の一くらいが開花したものは「ハナホ」とよび、花の大部分が咲き終わり、一部子実のできた種付きの花穂を「ホジソ」、「タバホ」と呼び、刺身のつまや天ぷらなどに用います。花穂の生育が進んで花軸の下の子実が成熟し始めたもの、すべての子実が成熟したものを「コキホ」と呼び、塩漬けや佃煮の風味つけに利用します。
シソの実漬けの作り方へ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa