農産物の上手な利用法(イチゴジャム(プレザーブ)の作り方)

掲載日:2019年2月20日
作り方

 

(1)イチゴの表面をサッと洗い、水を切る。

(2)イチゴのヘタを取る。

(3)分量の砂糖を三つに分ける。

(4)イチゴを大きな鍋に入れ、砂糖の1/3を加え、全体にまぶす。

(5)焦がさないように、中火で加熱する。

(6)全体が沸騰してきたら、火を弱めて加熱する。

(7)沸騰して、10~15分経ったら、1/3の砂糖を加え、弱火で加熱する。

(8)再度沸騰して、10~15分経ったら、残りの1/3の砂糖を加え、弱火で加熱する。

(9)再度沸騰して、10~15分経ったら、レモン果汁とペクチン液を加え、弱火で加熱する。

(10)沸騰すると泡が表面に浮いてくるので、すくい取る。
(11)コップテストでゼリーの固まり度合いを確認する。固まり度合いがほど良くなったら加熱を終わる。

(12)煮上がったイチゴジャムをきれいなビンに詰める。

(13)脱気(100℃:15分)、倒立放冷(30分)する。

(14)水で冷却し、ビンの外側を洗浄する。

(15)ラベルを貼り、冷暗所に保存する。


イチゴジャム(プレザーブ)の作り方のアドバイスへ
イチゴジャム(プレザーブ)の材料へ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa