農産物の上手な利用法(イチゴジャム(プレザーブ)の材料)

掲載日:2018年3月9日
材 料

 

イチゴ 1kg
砂糖 750g
レモン果汁 50ml
ペクチン液 500ml

★イチゴ

プレザーブタイプはイチゴの形を残すので、大粒のイチゴよりも中粒から小粒で粒揃いの良いものを使ってください。
イチゴの形が残っているジャムがプレザーブといっても、イチゴが固く煮上がって、パンにのせてのばしたら、パンの上をコロコロと転がるようではいけません。スプーンやヘラでイチゴを押さえたら、スーッと潰れて、伸びていくように仕上げてください。

★砂糖

砂糖はグラニュー糖を使って下さい。なければ上白糖でかまいませんが、三温糖や赤ザラメ、黒砂糖などは個性が強いのイチゴジャム(プレザーブ)には適していません。

★レモン果汁

レモンは農薬の心配のないものを使って下さい。大きなレモンなら1個から50mlの果汁が取れます。レモンは半分に切り、レモン搾りでキュキュッと搾って下さい。小さな種があるので、ガーゼでこ(濾)して除いて下さい。
レモン果汁の代わりにクエン酸を使うこともできます。クエン酸を使うときは3gを50mlの水に溶いて、加えて下さい。

★ペクチン液

苦味を抜いたカンキツの皮や内袋からペクチンを抽出します。苦味抜きした皮や内袋の重量の3~4倍量の水と1月4日量のレモン果汁を加えて加熱します。
沸騰するまでは強火で、沸騰したら中火~弱火にし、水分が蒸発しないように鍋にフタをして、軽く沸騰を続けます。30分くらい経ったら、内袋の一片を摘み出し、指先で潰してみて下さい。袋がズルッと溶けるようだったらOKです。ザルで液をこ(濾)して下さい。このとき手で揉んだり、強引に押しつけるとパルプがザルの目から漏れ出てしまい、ジャムが濁る原因となります。ササッと濾してペクチン液を採ってください。1kgのカンキツの皮や内袋から2~2.5リットルのペクチン液が採れます。
イチゴジャム(プレザーブ)の作り方へ
イチゴジャム(プレザーブ)の作り方のアドバイスへ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa