農産物の上手な利用法(リンゴペクチン液の検定/検定のやり方)

掲載日:2018年3月7日
 
検定のやり方
(1)ビンとフタを洗い、蒸し器に入れ、加熱する。
写真:ビンを水洗い   写真:ビンとフタを蒸し器に入れる
(2)ボウルにリンゴペクチン液を入れる。
写真:ボウルにリンゴペクチン液を入れる   写真:リンゴペクチン液を全部入れる
(3)リンゴペクチン液を入れたボウルに砂糖を加え、かき混ぜる。
写真:リンゴペクチン液を入れたボウルに砂糖を加える   写真:砂糖を加えたら、良くかき混ぜる
(4)ペクチン液を良くかき混ぜながら、加熱を続ける。
写真:ボウルの中のペクチン液を良くかき混ぜながら加熱する   写真:沸騰させながら5~10分くらい加熱を続ける
(5)5~10分加熱したら、秤で重量をはかり、ペクチン液の重量が333gとなったかを確認する。ペクチン液が333g以上あるなら、加熱を続ける。
写真:ボウルごとペクチン液の重量をはかる   写真:ペクチン液が333g以上あるなら、加熱を続ける
(6)ボウルのペクチン液の加熱を続け、時々、秤で重量をはかり、333gになったら、加熱を終える。
写真:ボウルのペクチン液の加熱を続ける   写真:時々、秤で重量をはかる
(7)ガラスビンを蒸し器から取り出し、ペクチン液をビンに詰める準備をする。
写真:ガラスビンを蒸し器から取り出す   写真:ペクチン液をビンに詰める準備をする
(8)ペクチン液を分注用具に入れ、ガラスビンにペクチン液をに詰める。
写真:ペクチン液を分注用具に入れる   写真:ガラスビンにペクチン液をに詰める
(9)フタを軽くして、蒸し器に入れ、5~10分間加熱する。
写真:フタを軽くして、蒸し器に入れる   写真:蒸し器に入れ、5~10分間加熱する
(10)5~10分後、蒸し器から取り出し、フタをキュッと閉め、ガラスビンを逆さにおく。
写真:5~10分後、蒸し器から取り出し、フタをキュッと閉める   写真:ガラスビンを逆さにおく
(11)30分後、ガラスビンをおき直し、水で冷やす。
写真:30分後、ガラスビンをおき直す   写真:ガラスビンを水で冷やす
(12)ペクチンが冷えたら、ガラスビンを取り出し、水気を拭き取り、2~3日放置する。
写真:ペクチンが冷えたら、ガラスビンを取り出し、水気を拭き取る   写真:2~3日放置する
(13)ガラスビンを傾けて、ペクチンのゼリー化の状況をみたり、フタを開け、スプーンでペクチンゼリーをすくいとって、ゼリー化の状態を見る。
写真:ガラスビンを傾けて、ペクチンのゼリー化の状況をみる   写真:スプーンでペクチンゼリーをすくいとって、ゼリー化の状態を見る

このページのトップへ
リンゴペクチンの材料へ
検定のアドバイスへ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa