農産物の上手な利用法(リンゴペクチン液の検定/材料)

掲載日:2018年3月7日
 
材 料
リンゴペクチン液 200g
砂糖 200g

ガラスビン・フタ

写真:リンゴペクチン液とグラニュー糖   写真:ゼリー化したリンゴペクチン

★リンゴペクチン液

リンゴを原料に抽出したペクチンです。リンゴ1kgをうす切りし、水2リットル、クエン酸5gを加えて加熱し、布巾などを使って濾し分けたものです。
リンゴペクチン液を原料にリンゴのリアルゼリーを作ることもできますし、ジャム作りにも使われます。
写真:リンゴペクチン液 写真:リンゴのリアルゼリー

★砂糖

砂糖はグラニュー糖か上白糖を使ってください。あくまでもペクチンの検定なので、糖類であれば問題はないのですが、通常のジャムつくりで使用する砂糖を使った方が通常のジャム作りの時に他の条件を考える必要がないので、この検定結果を簡易に応用できます。
  写真:上白糖 写真:グラニュー糖

このページのトップへ
検定のやり方へ
検定のアドバイスへ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa