農産物の上手な利用法(キンカンの砂糖煮・作り方)

掲載日:2018年3月6日
 
作り方

 

(1)キンカンを水洗する。

(2)10倍量の熱湯で4~5分ゆがく。

(3)ゆでたらザルにあける。

(4)(2)(3)をくりかえす。
(5)鍋に分量の砂糖の1月3日を入れ、水100mlを加える。

(6)弱火で加熱しながら、鍋の砂糖を溶かす。

(7)砂糖が溶けたらキンカンを入れ、強火で加熱する。

(8)沸騰して、キンカンが砂糖液の泡に包まれたら、火を止めてから、残りの砂糖の半量を加える。

(9)再び、強火で加熱し、砂糖が溶け、キンカンが砂糖液の泡に包まれたら、火を止めてから残りの砂糖の全量を加える。

(10)再び、強火で加熱し、焦がさないように煮詰めていく。

(11)煮詰め具合を調べながら、煮詰め、煮汁がとろりとなったら、加熱を終了する。


★キンカンの砂糖煮の保存

キンカンの砂糖煮は糖度が60%~70%で、酸味もあるので保存性に優れています。
煮上がったキンカンの砂糖煮は清潔な容器にいれておけば長い間楽しむことができます。
しかし、キンカンの出回り時期は限られているので年間を通して利用するためにはビン詰めにして保存するのが最適です。

このページのトップへ
キンカンの砂糖煮のビン詰めへ
作り方のアドバイスへ
キンカンの砂糖煮の材料へ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa