農産物の上手な利用法(青梅シロップ漬け・作り方)

掲載日:2018年3月9日
作り方

 

(1)青梅を水洗いする。

原料青梅青梅の水洗

(2)水洗した青梅の水気を切る。

水洗した青梅青梅をザルにとる

(3)青梅の縫合線に包丁を当て、切る。

青梅の抱合線に包丁を当てる青梅を切る

(4)二つに割った青梅の種を刳り抜く。

種をスプーンで刳り抜く種がきれいに繰り抜ける

(5)きれいに洗ったガラスビンとフタを蒸し器に入れ、加熱する。

ガラスビンの洗浄ガラスビンを蒸し器で加熱

(6)種を刳り抜いた青梅を鍋に入れ、青梅と同量の水を入れる。

皮を剥いた青梅手を添えて包丁を入れる

(7)鍋に65%のシロップ液を調整し、70℃に加熱する。

鍋にシロップを調整シロップを70℃に加熱

(8)(6)の鍋を火にかけ、青梅を70℃まで加熱する。

鍋を火にかける70℃まで加熱する

(9)熱いガラスビンに青梅を詰める。

青梅を箸で摘みあげる青梅をビンに詰める

(10)青梅を入れたガラスビンに(8)の70℃に加熱したシロップを入れる。

70℃に加熱したシロップ液ビンシロップをいれる

(11)青梅を入れたガラスビンのフタをのせ、70℃の湯を入れた鍋に入れる。

ビンにフタを軽くのせるビンを蒸し器に入れ、加熱

(12)70℃の湯に入れ、5分間、70℃に保つ。

(13)(12)70℃、5分経過したら、フタをキュッとしめて、逆さにして30分間おく。

フタをしめる逆さにおく

(14)30分経ったら、水に入れて冷やす。

水に入れる水に入れて冷やす

(15)粗熱がとれたら、水から出し、ビンについている水気をふき取る。

水から取り出すビンの水気を拭く

(16)ビンに製造データを書いたラベルをはり、冷暗所に保存する。

ラベルを貼る冷暗所に保存


このページのトップへ
作り方のアドバイスへ
青梅シロップ漬けの材料へ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa