農産物の上手な利用法(青梅シロップ漬け・材料)

掲載日:2018年3月7日
材 料

 

青梅 500g
糖液(65%) 600ml

青梅青梅のシロップ漬け

★青梅

青梅は表面に傷のないものを原料としてください。梅の皮を付けたまま加工するので、傷や斑点があると製品が汚くなります。
青梅であっても、熟した梅を使ってください。枝についている青梅を摘まみ、チョッとひねると枝からスッと外れるような青梅を使ってください。未熟な青梅を使うと苦味を感じることがあります。
梅の品種は問いませんので、手近で手に入る青梅を使ってください。

青梅の収穫

★青梅シロップ漬け

青梅シロップ漬けは濃い糖液を作り、ビンに入れた青梅に注ぎ込み、ビンの中で糖液を浸透させて行きます。そのため、ビンに詰めた直後は梅がキュッと縮みますが、、1~2ヶ月かかって青梅の中に糖が染み込み、ふっくらとしてきます。 青梅の中に糖が染み込むまでは、味見をしないようにしてください。

キュッと縮んだ青梅ふっくらとしてきた青梅


このページのトップへ
青梅シロップ漬けの作り方へ
作り方のアドバイスへ
農産物の上手な利用法へ戻る
本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • ラグビーワールドカップ2019
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa