更新日:2021年6月28日

ここから本文です。

全国通訳案内士

全国通訳案内士に関するお知らせ等

最新のお知らせ

登録研修機関研修(通訳案内研修)の通訳案内士検索サービス登録番号について

2018年の法改正に伴い、2020年度から5年ごとに「登録研修機関研修」(通称:通訳案内研修)の受講が義務付けられました。
申し込みの際に必要となる「通訳案内士検索サービス登録番号」は
3桁の自治体コード(神奈川県の場合114)+ご自分の通訳案内士登録証の登録番号となります。

登録研修機関について

観光庁の「登録研修機関」の一部では、通訳案内における基礎知識習得を目的とする「新人研修会」を毎年実施しています。

新人研修会は各団体が任意で行う独自の研修ですので、法的な受講義務はありませんが、円滑な通訳案内業務の稼動開始のために有用な通訳案内の基礎知識や実習技量を学ぶことができる内容となっておりますので、是非ご活用ください。受講料は有料となっております。 

なお、全国通訳案内士は、「登録研修機関」が年に1回以上実施する「通訳案内研修」を5年に1度ずつ受講する法的義務があります。

登録研修機関一覧や各詳細については、下記の観光庁のホームページより確認してください。 

 詳細:登録研修機関について(別ウィンドウで開きます)

新型コロナウイルス感染症に関する特別相談窓口(観光庁等)

新型コロナウイルス感染症に起因する外国人旅行者の減少等の変化に直面している通訳案内士の皆さんの不安を解消するため、地方運輸局等及び観光庁内に特別相談窓口が設置されました。通訳案内士の皆さんの状況や要望をお聞きした上で、活用可能な支援策の紹介が行われます。

 詳細:観光庁の新型コロナウイルス感染症関連情報(別ウィンドウで開きます)

通訳案内士法改正後の制度内容について

平成30年1月4日より通訳案内士法の一部が改正されました。

これに伴い、「通訳案内士」は「全国通訳案内士」に名称が変更となりましたが、すでに資格をお持ちの方が現在使用中の登録証(免許証)はそのままでも有効です。

その他、通訳案内士制度に関する詳しい情報については、観光庁のHPを御覧ください。

 詳細:観光庁ホームページ(別ウィンドウで開きます)

全国通訳案内士の登録申請等

登録申請

全国通訳案内士となるには、全国通訳案内士試験に合格後、都道府県による登録を受ける必要があります。

下記の内容をご確認の上、必要書類及び神奈川県収入証紙等を申請先へ持参してください。

郵送での登録は受け付けておりません。

全国通訳案内士登録申請

申請窓口

神奈川県国際文化観光局観光課(神奈川県庁 エネルギーセンター棟1階)

電話045-285-0813(直通)

窓口時間平日8時30分から12時、13時から17時15分

※窓口が込み合う場合がありますので、申請の希望日時を事前に御連絡くださるようお願いします。

 

登録情報の公開について

登録情報の公開の希望をした方のみ、全国通訳案内士の情報をホームページに掲載しています。

神奈川県登録通訳案内士の登録情報の公開について

 

2021年度 全国通訳案内士試験について

本年度より、全国通訳案内士試験の出願方法は電子申請のみとなりました。
詳細につきましては、JNTO(日本政府観光局)サイトをご確認ください。
https://www.jnto.go.jp/jpn/projects/visitor_support/interpreter_guide_exams/index.html

お問い合わせは、全国通訳案内士試験事務局(株式会社TKPコミュニケーションズ内)まで
TEL:050-3659-6494(平日10時00分~17時00分 土日祝、年末年始休業)

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は国際文化観光局 観光課です。