労働争議の調整

掲載日:2018年12月20日

労働争議の調整とは

あっせん

あっせんは、労働組合、使用者のいずれか一方又は双方からの申請により開始され、労働委員会の会長が指名するあっせん員が、当事者の間に入って、交渉の行き詰まりを打開するなどして、争議を解決に導く調整方法です。

労働条件等について合意が得られず、労働組合や使用者があっせん申請したときは、労働委員会はあっせん員によって、速やかに公平・円満な解決へ向けて支援します。

あっせんで解決した事例については、こちらをご覧ください。

あっせん員の構成は、原則として公益委員・労働者委員・使用者委員各1名ずつの三者構成となっています。

ただし、争議の性質などによっては、公益委員のみ又は事務局職員を指名してあっせんを行うこともあります。

あっせん員候補者は、労働委員会委員、前期委員及び事務局職員の一部に委嘱しています。

あっせん員候補者名簿については、こちらをご覧ください。

調停・仲裁

労働争議の調整には、「あっせん」のほかに「調停」「仲裁」の制度があります。

いずれの場合も、原則として労使双方の申請が必要です。

あっせんの流れ

労働者と使用者との間に発生した紛争は、次の二つに大別され、申請手続等が異なります。

労働組合(労働者の集団)と使用者の間の紛争

個々の労働者と使用者(事業主)の間の紛争