神奈川県立国際言語文化アカデミア 【Kanagawa Prefectural Institute of Language and Culture Studies】

掲載日:2016年8月9日

国際言語文化アカデミア全景  国際言語文化アカデミアでは、多文化共生社会の実現に寄与するために、外国籍県民の皆様の暮らしやすい環境づくりや、県民の皆様の多文化・異文化理解の推進をめざして講座を開催しています。

 国際言語文化アカデミアでは多文化共生の実現に寄与するため、これまで様々な講座を開講してきました。こうした中、2020年オリンピック・パラリンピック東京大会開催など、かながわのグローバル化の一層の発展に寄与するため、これまでの講座の一部を改編し、新たな講座を順次開講しています。

これから開講される講座のご紹介

外国語を使ってボランティアを目指す語学講座各編「2」の追加募集については、こちらをご覧下さい。

 異文化理解支援のための講座として、アジアの国々への理解を深めるため、『話してみよう ベトナム語』『話してみよう タイ語』『学んでみようアジア―文化と社会―インドネシア編』の各講座を開講します。
 また、外国語を使ってボランティアを目指すための語学講座『英語初級編』(今年度2回目)の応募が始まります。また、外国語を使ってボランティアを目指すための語学講座を補完する講座として、『英語圏の文化と社会(テキスト・リーディング)2』『中国語圏の文化と社会(テキスト・リーディング)』の後半がスタートします。
 日本語ボランティアのための講座では、今年度4回目の『日本語ボランティア入門講座』がスタートします。また、日本語ボランティアの方たちが集まり、ボランティア同士の交流を深めながら様々な地域の活動を知るための『集まれ 日本語ボランティア』(無料)も開講されます。日本語ボランティアに関心のある方は、ぜひお申込ください。

現在申込受付中の開講講座

   9月アイコン 10月開講講座アイコン

日本語を母語としない方向けの講座

●日本語(にほんご)をべんきょうしたい外国(がいこく)のかたへ [For Foreigner]
2016 にほんご こうざ [PDFファイル/207KB]

アカデミアの事業のご案内

外国籍県民等支援事業

異文化理解支援事業へのアイコン

教員研修等支援事業アイコン

 

国際言語文化アカデミアの刊行物

神奈川県立国際言語文化アカデミア紀要

紀要表紙画像

平成24年3月発行の「紀要」(創刊号)から平成28年3月発行の「紀要」(第5号)です。

作成教材

つながるにほんご-かながわでともにくらす-

つながるにほんご画像

外国から来られた方々が神奈川でともにくらすことを目指した、地域日本語教材です。外国籍県民が生活者として暮らしていく上で身近な5つのテーマ(「地域」「交通」「健康」「子育て」「防災」)で構成されています。

つながるにほんご-かながわでともにくらす-別冊 活動ガイド

 『つながるにほんご-かながわでともにくらす-』を用いて、地域で日本語ボランティア活動を行う方の手引きです。
 活動の作り方やコツのほか、活動案や実践例も数多く掲載していますので、『つながるにほんご』をお使いではない方にも役立ちます。

えい・えい・Go!

えい・えい・Go!画像

日本語を母語としない中学生向けに、日本語の力を活用・補強しながら英語を学ぶことができるように作成した英語教材です。

アドヴァンスト研修報告書

 

平成23年度アドヴァンスト研修報告書画像
高等学校英語科教員向けに実施した「英語教育アドヴァンスト研修」に基づき作成された授業改善プロジェクト報告書です。

所在地

    〒247-0007

    神奈川県横浜市栄区小菅ケ谷1-2-1

    【1-2-1,Kosugaya,Sakae-ku,Yokohama,Japan】

    電話:045-896-1091(代)

    ファクス:045-896-0096


    アドビリーダーのダウンロードPDFファイルを御覧いただくには、アドビシステムズ社が無償配布しているAdobe Readerが必要です。アイコンをクリックすると、ダウンロードページが別ウィンドウで表示されます。

    本文ここで終了

       

      

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 国際言語文化アカデミア です。