浄化槽をお使いの方へ

掲載日:2017年10月13日

浄化槽を設けるには

浄化槽を設ける場合や浄化槽の入れ替えをする場合の手続きについては、こちらをご覧ください。

浄化槽を使用する場合、「法定検査」「保守点検」「清掃」を実施することが義務付けられています!

法定検査

   浄化槽管理者は、県の指定した検査機関による設置後等の水質検査及び定期検査を受けることが義務付けられています。

  • 設置後等の水質検査(浄化槽法第7条第1項) 
    浄化槽を新たに設置した場合は、使い始めて3か月から8か月までに間に、浄化槽工事に問題は無いか、その浄化槽が汚水を浄化する機能を有しているかどうかを確認します。

 

 

  • 定期検査(浄化槽法第11条第1項) 
    毎年1回、浄化槽の保守点検や清掃が正しく実施され、浄化槽が正常に機能しているかどうか確認します。

 

 法定検査は、県の指定した検査機関に依頼してください。

※※※ご注意を!!※※※
 最近、指定検査機関ではない者が、「浄化槽の法定検査に来ました。」などと言って、料金を騙し取ろうとする事例が報告されています。
 神奈川県が指定した法定検査機関は下記の4機関であり、それぞれに受け持ち地区が決まっています。また、これらの機関の検査員は、指定検査機関の職員であることを証明する身分証明書を携帯しています。
 不審な業者には、ご注意ください。

県の指定した法定検査機関
検査機関名所在地電話番号受け持ち地区

一般財団法人日本環境衛生センター

川崎市川崎区四谷上町10-6

(044)288-5225横浜市(鶴見区、港北区、緑区、青葉区、都筑区)、川崎市、相模原市

公益社団法人神奈川県生活水保全協会

横浜市磯子区洋光台6-1-1

(045)830-5721横浜市(神奈川区、西区、中区、南区、港南区、保土ヶ谷区、旭区、磯子区、金沢区、戸塚区、栄区、泉区、瀬谷区)、横須賀市、鎌倉市、藤沢市、逗子市、三浦市、葉山町

一般財団法人神奈川県労働衛生福祉協会

横浜市保土ヶ谷区天王町2-44-9(045)333-8727茅ヶ崎市、秦野市、厚木市、大和市、伊勢原市、海老名市、座間市、綾瀬市、寒川町、愛川町、清川村
一般社団法人神奈川県保健協会二宮町中里731-1(0463)73-0511平塚市、小田原市、南足柄市、大磯町、二宮町、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町、箱根町、真鶴町、湯河原町

保守点検

 浄化槽管理者は、浄化槽の保守点検を行うことが義務付けられています。保守点検は、県(又は市)の登録を受けた浄化槽保守点検業者に委託することができます。

  • 浄化槽の色々な装置が正しく働いているか点検し、装置や機械の調整・修理、害虫の駆除、消毒剤の補充等を行います。
  • 保守点検の回数は、浄化槽の処理方式、処理対象人数により決められています。

※保守点検は、県(又は市)の登録を受けた浄化槽保守点検業者に依頼してください。 
  神奈川県の登録を受けている浄化槽保守点検業者  

  平成29年9月30日現在の浄化槽保守点検業者名簿 [PDFファイル/82KB]

  なお、最新の情報については所管する保健福祉事務所へお問い合わせください。

  *横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市、藤沢市及び茅ヶ崎市(寒川町を含む。)の情報については各市にお問い合わせください。

清掃

 浄化槽管理者は、浄化槽の清掃を行うことが義務付けられています。清掃は、市町村の許可を受けた浄化槽清掃業者に委託することができます。

  • 浄化槽内の汚泥を引き抜きます。
  • 浄化槽の付属装置や機械類を洗浄したり、清掃を行います。
  • 汚泥が溜まりすぎると、浄化槽の機能に支障をきたし、処理が不十分になったり、悪臭の原因になったりします。

 ※清掃は、市町村の許可を受けた清掃業者に依頼してください。
  
詳細につきましては、お住まいの市町村にお問い合わせください。

お知らせ

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 保健福祉局 生活衛生部 生活衛生課 です。