外国籍県民の方の国民健康保険、後期高齢者医療制度加入について

掲載日:2013年2月26日

在留期間が3か月を超える方はご注意ください!Attention to foreign residents with a visa status for more than three months.

国民健康保険、後期高齢者医療制度に加入することとなる外国人の方

 平成24年7月9日から外国人登録制度が廃止され、外国人の方にも日本人と同様に、住民票が作成されます。

 住民票が作成される、次の外国人の方は、国民健康保険、後期高齢者医療制度についても適用対象となります。

  • 適法に日本に中長期在留する方
  • 特別永住者の方
  • 一時庇護のための上陸の許可を受けた方
  • 仮滞在の許可を受けた方
  • 出生により日本に在留することとなった方
  • 日本国籍の喪失により日本に在留することとなった方

 (基本的には、観光などの短期滞在者を除いた、適法に3か月を超えて在留する外国人の方が対象です。)

  生活保護を受けている方や、会社の健康保険に加入している方等を除いて、75歳未満の方は国民健康保険に、75歳以上の方は後期高齢者医療制度に加入しなければなりません。

 また、住民票が作成されない外国人の方であっても、以下の「在留資格」を持っている方で、3か月を超えて日本に在留すると認められる方については、国民健康保険、後期高齢者医療制度に加入できる場合があります。(★)

  • 興行
  • 技能実習
  • 家族滞在
  • 特定活動 (ただし、医療を受ける目的で日本に滞在する場合や観光などのために90日以上日本に滞在する場合は、国民健康保険や後期高齢者医療制度には入れません。)
  • 公用

加入の手続きについて

 国民健康保険への加入は自動では行われません。お住まいの市区町村の窓口で手続きを行ってください。 

 75歳の誕生日を迎えることにより後期高齢者医療制度へ加入する場合、加入手続きは必要ありません。ただし、65歳以上74歳以下で一定の障害があることにより後期高齢者医療制度に加入する場合や、上記の★に該当する方については、加入の届出が必要となります。

 すでに国民健康保険、後期高齢者医療制度に加入している方については、改めて加入手続きを行う必要はありません。ただし、住所の変更があったり、在留資格の変更があった場合には、その都度届け出てください。

 
 

  なお、加入の届出が遅れても、資格が発生した日(平成24年7月9日)にさかのぼって保険料(税)もいただくことになりますので、手続きはお早めにおすませ下さい。

加入した後の保険証の取り扱いについて

 加入すると、保険証が交付されます。保険証はあなたご自身が保険に加入していることを証明するものですから、大切に扱いましょう。保険証には住所、氏名などが記載されており、診察を受ける際には必ず、医療機関の窓口に提示します。日本国内を旅行するときも携帯しましょう。

 保険証の貸し借りや売買はできません。(保険証を不正に使用した場合、刑法により詐欺罪として懲役の処分を受けることがあります。)

 手続きなど、詳しくはお住まいの市区町村にお問い合わせください。

多言語生活情報 (Living guide)

多言語生活情報のページ (財)自治体国際化協会

生活情報について、日本語を含む13か国語で説明しています。国民健康保険については、「F 医療」の「4-3 国民健康保険」に記載があります。

Adobe Readerダウンロード

Pdf形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)
神奈川県

このページの所管所属は 保健福祉局 保健医療部 医療保険課 です。