よくある質問

掲載日:2015年8月21日

 皆様から多く寄せられるお問い合わせについて掲載しています。

Q.なぜ厚木基地周辺で航空機騒音がひどいのか

 A.厚木基地は、海上自衛隊と米海軍が共同使用しており、航空機が頻繁に離発着を行っているためです。特に、横須賀基地に米海軍の空母が入港している間は、その艦載機が厚木基地を拠点として活動を行うことから、周辺には深刻な騒音被害がもたらされています。


詳細は、厚木基地周辺での航空機騒音に関する情報を御覧ください。

Q.航空機騒音がひどい時期はいつごろなのか

 A.激しい騒音の発生原因は、主に米海軍の空母艦載機です。艦載機は、空母が横須賀基地に入港する数日前になると、洋上から厚木基地に飛来します。入港中は厚木基地を拠点として活動し、出港した後に洋上の空母に着艦します。そのため、空母入港期間及びその前後に騒音が激しくなる傾向が見られます。


詳細は、厚木基地周辺での航空機騒音に関する情報を御覧ください。

Q.厚木基地の航空機は、朝から晩まで24時間いつでも活動して(飛んで)良いのか

 A.原則として、22時から翌朝6時の飛行禁止が、日米両国政府間で合意されています。 

Q.空母の入港状況を知りたい

 A.空母の入港情報は、米原子力軍艦の寄港情報を御覧ください。  

Q.住宅防音工事を行いたいが、どのような手続が必要になるのか

 A.住宅防音工事に必要な経費を助成する事業は、防衛省が行っております。工事内容、対象区域及び建築年次などの詳細や、手続については、防衛省による住宅防音工事助成事業やその他補助事業など及び「飛行場周辺の住宅防音工事」(南関東防衛局ホームページ)(対象区域図や、提出書類のダウンロードが可能です。)を御覧いただくか、下記までお問い合わせください。


問い合わせ先

防衛省 南関東防衛局・企画部 住宅防音第1課及び第2課

045-211-7140,7397,7398(大和市担当)

045-211-7139(綾瀬市担当)

045-211-7137(相模原市、海老名市担当)

045-211-7138(藤沢市、座間市、茅ヶ崎市担当)

045-211-7113(全般)

Q.原子力艦は安全なのか

 A.米原子力軍艦については、様々な事態を想定した十分な安全対策が確保されている旨、改めて平成23年4月18日に外務省を通じて米側からの情報提供がありました。 県としては、県民の安全・安心のため、引き続き、地元横須賀市とともに国が中心となって実施している放射能調査に参加するとともに、国が責任を持って十分な安全対策を講じること等を国に求めてまいります。


平成23年4月18日の口上書の詳細は、外務省提供「米原子力空母「ジョージ・ワシントン」等の安全性に関するアメリカ合衆国政府からの説明を御覧ください。

Q.放射能調査の結果を知りたい

  A.「日本の環境放射能と放射線」のページにおいて、最新の放射線測定データを確認することができます。 (24時間常時観測中(2分毎にデータ更新)


   【参考】

  警報値:空間は100nGy/h、海水中は50cps

  通報基準:1地点で10分以上5μSv/h、2地点以上で5μSv/h

神奈川県

このページの所管所属は 政策局 基地対策部 基地対策課 です。