ケガや病気の野生動物を見つけたら・・・

掲載日:2017年4月19日

野生動物は、必ず救護しなければいけないという訳ではありません。

自然の中で死ぬことは、ひとつの命を次の命へとつなぐという大切な自然のしくみのひとつだからです。

自然環境保全センターでは、主に人の活動が原因で傷つく野生動物をなくすため、県民の方により搬送された
傷ついたり弱ったりした野生動物(鳥類、哺乳類)を保護し、自然にかえす取り組みをしています。

お知らせ

●傷病鳥獣受入れ業務の定休日について更新

 定休日:毎週月曜日(祝日の場合は、翌日)、年末年始(12月28日から翌年1月4日まで)

 ご理解とご協力を宜しくお願いいたします。

●傷病鳥獣に関するお問合せは、以下の番号にお願いいたします。
 046-248-0500 (受付時間:9時00分から16時30分)

メニュー

  県内で傷ついた野生動物を見つけた方は、まずこちらをご確認ください。

野生動物への対応

野生動物を見つけたら・・・
保護する前にまずこちらをご覧ください。

受け入れできない動物

当センターでは保護の受け入れができない動物がいます。
こちらでご確認ください。

持ち込むときの注意点

保護することになったら・・・
施設に持ち込む前に確認してほしいこと。

傷病鳥獣救護実績

当センターで保護した動物の数や
野生に返した動物の数と救護原因など。


このページに関するお問い合わせ先

自然環境保全センター自然保護課

自然環境保全センターへのお問合せフォーム

電話 046-248-6682
ファクシミリ 046-248-2560

神奈川県

このページの所管所属は 自然環境保全センター です。