2023年5月31日更新

エムポックス

感染経路

旧来アフリカでは、げっ歯類やリス、およびセンザンコウなどの動物の狩猟、その肉の調理喫食等によって感染する疾病でした。
サルは自然宿主ではなく、ヒトと一緒で、他の動物からの感染の結果、発症すると考えられています。
発症したヒトからヒトへは、皮膚と皮膚の接触やタオル・シーツの共有といった、伝染性軟属腫(水いぼ)の様な感染様式で拡散します1-3)

しかし、2022年に欧州を中心に、大規模な流行が始まりました4-8)。ここでは動物は関与しておらず、大規模なイベントを通して、参加者の間に性的接触で感染が伝播しました。
北米や全欧で数万人が発症しました。
2023年に入ってからは、知識の普及やワクチン接種の推進で流行の峠は越えています。9-13)

一方で、日本では2023年に入って海外渡航歴の無い症例が急増しています。
市中への拡大で妊婦や乳幼児14)への感染拡大が懸念される所です。
ここで問題になったのは新しい感染様式です。
皮疹(水疱など)が痂皮になり従来なら感染性が低下したと考えられる状態でも、唾液や精液には3週間ほどウイルスが認められ、口腔性交や肛門性交などで性感染症として流行しました。
もともと性的活動が活発な層での流行なので、クラミジアや梅毒などによる持続的な炎症が侵入門戸となります。また欧州の患者の約3分の1にはHIVの併発もみられ重篤化する症例がありました。
流行が始まった後に、ピアスやタトゥー15)を入れる店で器具を介した小流行も起きました。

症状

潜伏期間は1~2週間です。
初期症状:発熱、頭痛、筋肉痛など感冒様症状から始まり、リンパ節の腫脹が伴います。
古典的なアフリカでの流行では、皮疹は顔面と手から始まりますが、性感染症としてのエムポックスでは陰茎や肛門周囲に多く認められます。その後身体の広範囲にわたり発現します。
性感染症としてのエムポックスでは、咽喉頭の糜爛(びらん)や外陰部の潰瘍・肛門炎などの症状が認められるようになりました。嚥下や排泄が困難になります16)

このページのトップへ

診断について

適切な検体の採取が重要となります。遺伝子増幅法にて確定診断されます17)。ウイルス分離培養でもPCRやダイレクトシークエンスで確認を行います。スクリーニングとして下水からの検出も試みられています18)

図 検体採取方法(神奈川県衛生研究所作成)

   
 写真1 ドライスワブの例  写真2 EDTAスピッツの例

病理所見としては光学顕微鏡による封入体基本小体(グアルニエリ小体)が観察されます。また電子顕微鏡でウイルス粒子が観察されます。これらの場合はエムポックスと確定出来ず、オルソポックスウイルス感染症に留めます。顕微鏡所見では同じポックスウイルス科の伝染性軟属腫(水いぼ)ウイルスとの鑑別は困難です。

このページのトップへ

治療・予防について

欧州においては、特異的治療薬としてテコビリマットが承認されていますが、耐性株もあります。国内では「天然痘とサル痘に対する経口テコビリマット治療の有効性および安全性を検討する多施設共同非盲検二群間比較試験」の参加施設のみ使用が可能です。

天然痘ワクチンに有効性が認められ、事前に接種すると発病を85%予防できます19)。クラスターが発生した場合やエムポックス患者との接触後に天然痘ワクチンの緊急接種を行う場合があり、発症を半分に抑制できます。日本では乾燥細胞培養痘そうワクチンLC16「KMB」20)がエムポックスに対して追加承認されています。関係保健所が研究班と協議の上、接種対象者を決定し、紹介する場合があります21)

性交渉を避け、ウイルスは唾液にも排泄されているので、梅毒同様、コンドームだけでは予防は難しいです。
症状や所見のあるときは、箸の共用22)や飲料の吞み回し、性的接触、ハグやキスも避け、ソーシャルディスタンスを維持しましょう。

このページのトップへ

参考リンク

1) 2011年01月14日更新 コンゴ民主共和国でサル痘が流行しています。(検疫所)
2) 114例中5例死亡 赤道州Bikoroでサル痘発生(コンゴ民主共和国)(検疫所)
3) 2018年04月04日更新 サル痘の発生―中央アフリカ共和国(検疫所)
4) スペイン
Jesús Iñigo Martínez et al.:Monkeypox outbreak predominantly affecting men who have sex with men,Madrid,Spain,26 April to 16 June 2022,Eurosurveillance,27(7)(2022)
5) 精液唾液からの検出
Aida Peiró-Mestres et al.:Frequent detection of monkeypox virus DNA in saliva, semen, and other clinical samples from 12 patients, Barcelona, Spain, May to June 2022, Eurosurveillance,7(28)(2022)
6) オランダでのエムポックスのアウトブレイク
Catharina E van Ewijk et al.:Mpox outbreak in the Netherlands, 2022: public health response, characteristics of the first 1,000 cases and protection of the first-generation smallpox vaccine, Eurosurveillance,28(12)(2023)
7) ベルギーでの重症エムポックス
Nicole Berens-Riha et al.:Severe mpox (formerly monkeypox) disease in five patients after recent vaccination with MVA-BN vaccine, Belgium, July to October 2022, Eurosurveillance,27(48)(2022)
8) WHOのインタビュー記事
Monkeypox outbreak likely spread by sex at 2 raves in Europe, says WHO expert(PBS NewsHour)
9) CDC痘そうワクチン接種済み数
Mpox Vaccine Administration in the U.S.(CDC)
10) CDC エムポックス流行曲線(随時更新)
U.S. Mpox Case Trends Reported to CDC(CDC)
11) 米州サーベイランス2023年第7週(PAHO/WHO)
Situation Report on Monkeypox Multi-Country Outbreak Response - Region of the Americas. N.7 -3 March 2023(Pan American Health Organization)
12) 欧州サーベイランス2023年4月4日
Joint ECDC-WHO Regional Office for Europe Mpox Surveillance Bulletin: 04 April 2023(ECDC-WHO Regional Office for Europe)
13) 第4回エムポックスに関するIHR会議報道発表資料(WHO)2023年2月15日
Fourth meeting of the International Health Regulations (2005) (IHR) Emergency Committee on the Multi-Country Outbreak of monkeypox (mpox)( Pan American Health Organization)
14) 小児や妊婦の症例報告
15) ピアスと入れ墨
Myriam Viedma-Martinez et al.:MPXV Transmission at a Tattoo Parlor, N Engl J Med, 388(1):92-94(2023)
16) 死亡例の剖検報告
Jemma Alarcón et al.:An Mpox-Related Death in the United States, N Engl J Med, 388(13):1246-1247(2023)
17) 病原体検出マニュアル エムポックスウイルス 第3版(国立感染症研究所)
18) 米合衆国カリフォルニア州でのエムポックス下水モニタリング
Marlene K Wolfe et al.:Use of Wastewater for Mpox Outbreak Surveillance in California, N Engl J Med ,388(6):570-572(2023)
19) エムポックスについて(厚生労働省)
20) 乾燥細胞培養痘そうワクチンに対するエムポックスの予防の効能追加について
21) サル痘に関する情報提供及び協力依頼について(令和4年5月20日厚生労働省事務連絡(令和5年2月9日最終改正))別紙3 
22) エムポックス患者とエムポックス疑い例への感染予防策(国立感染症研究所・国立国際医療研究センター国際感染症センター)

トップページへ戻る感染症情報センターに戻るこのページのトップへ


お問い合せはトップページ:お問い合わせまたは下記までご連絡ください。

神奈川県衛生研究所 神奈川県ホームページ
〒 253-0087 神奈川県茅ヶ崎市下町屋1丁目3番1号
電話:0467-83-4400
ファックス:0467-83-4457

本ホームページの著作権は神奈川県衛生研究所に帰属します。
Copyrightc 2004 Kanagawa Prefectural Institute of Public Health. All rights reserved.