ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 障害福祉 > 筆談対応が可能であることを示す掲示物について

更新日:2021年3月22日

ここから本文です。

筆談対応が可能であることを示す掲示物について

筆談対応が可能であることを示す掲示物の掲示と筆談対応のお願い

神奈川県では、聴覚障がい者の方に、より安心して来庁していただけるよう、筆談対応が可能であることを示す掲示物を、各所属の出入り口など窓口に掲示をしています。

 民間企業の窓口や商店などでも、「筆談で対応できる」ことが一目でわかると、聴覚障がい者の方が安心して利用することができます。

 つきましては、県が作成しました掲示物を掲載しますので、窓口などに掲示していただき、筆談対応にご配慮いただきますようお願い申し上げます。

  なお、掲示物に掲載しているマークは、
「耳マーク(一般社団法人 全日本難聴者・中途失聴者団体連合会作成)」と
「筆談マーク(一般財団法人 全日本ろうあ連盟作成)」を活用させていただいています。

※ 掲示物の下部に企業名などを入れることはできますが、記載内容やレイアウトは変更しないでください。

このページの所管所属は福祉子どもみらい局 福祉部障害福祉課です。