更新日:2021年11月26日

ここから本文です。

教材「SNSの上手な使い方を考えよう!」について

SNSを利用する際のトラブル回避や、被害にあってしまった際の対応等についての教材を掲載しています。

神奈川県教育委員会、神奈川県警察及び一般財団法人LINEみらい財団が実施した「県内の児童・生徒等のネット利用実態調査」の結果をもとに教材を作成

SNSの上手な使い方について、自律的な判断力・適切な行動力を身につけることを目的とした教材が作成されました。

教材の特徴

ポイント1 児童・生徒の実態にあわせてアレンジ可能な教材

本教材は、授業者によって指導内容のアレンジが可能となるモジュール型教材となっています。

調査結果から特に指導の必要性があると考えられる7種類の内容(各約15分)になっています。

1 自分と相手の違い

2 相手の情報

3 上手な伝え方

4 写真からわかる情報

5 写真の送り方

6 トラブルの大きさによる対応方法

7 被害を小さくする方法

ポイント2 「リスクマネジメント」と「クライシスマネジメント」の視点

教材モジュールは「リスクマネジメント」と「クライシスマネジメント」の2つの視点で分類され、それぞれ、トラブルや犯罪被害にあわないための方法とトラブルにあった際の対処方法を学べる内容となっています。

ポイント3 学習者に「トラブルの当事者になりうる自覚」を促す

具体的な事例を通じて「自分もトラブルにあうかもしれない」という自覚を促す教材となっています。

 

教材構成

教材ダウンロード

授業用スライド(PDF:6,497KB)

授業用スライド(PPT:7,373KB)

指導者用ガイドブック、児童・生徒用ワークシート(PDF:2,688KB)

児童・生徒用ワークシート(ワード:6,372KB)

教材利用について

1 本教材は、インターネットに起因した非行・被害防止を目的として、児童・生徒・保護者等への啓発・教育に関連して無償で提供する場合に限り、自由に利用できます。

2 本教材の利用においては、部分的利用や改変等も1の範囲に限り可能ですが、利用者の責任において利用していただくことになります。

 

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は教育局 支援部学校支援課です。