流木チップの放射性セシウムの測定結果について

掲載日:2020年3月18日

流木チップは、堆肥原料として利用されることもあるので、国が定めた堆肥等に関する放射性セシウムの測定方法により測定を行い、配布しております。

現在、配布している流木チップの測定結果につきましては、次のとおりです。

 

〇測定結果

採取

場所

測定日 種別

ダムの流木チップに含まれる放射性セシウム濃度の合計値

【単位:Bq(ベクレル)/kg(キログラム)】

備考

相模

ダム

H25年3月18日 粗目 8.18  
細目 48.1  
H28年3月16日 粗目 不検出  
H29年12月21日 粗目 不検出  
H31年2月21日 粗目 不検出  
農林水産省と協議を行い、令和元年度以降の検査は不要と判断しました。

城山

ダム

H27年3月17日 粗目 不検出  
H28年3月16日 粗目 不検出  
H29年3月8日 粗目 不検出  
農林水産省と協議を行い、H29年度以降の検査は不要と判断しました。

三保

ダム

H27年1月15日 粗目 不検出  
細目 不検出  
H28年2月18日 粗目 不検出  
H28年2月17日 細目 不検出  
農林水産省と協議を行い、H28年度以降の検査は不要と判断しました。

参考:肥料・土壌改良材・培土中の放射性セシウムの暫定許容値400Bq/kg

(農林水産省通知「放射性セシウムを含む肥料・土壌改良材・培土及び飼料の暫定許容値の設定について」(別ウィンドウで開きます)

肥料等の取扱いについては、環境農政局農政部農業振興課のホームページをご参照ください。

農業振興課へのリンク http://www.pref.kanagawa.jp/div/0520/

なお、流木チップを堆肥原料として、他の原材料と混合し、堆肥とする際は、暫定許容値(400Bq/kg)を超えない様、測定値が50Bq/kg以下のものを配布の対象としています。

企業庁のダムのページへ

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa