ホーム > 電子県庁・県政運営・県勢 > 県土・まちづくり > 河川・ダム・発電 > 企業庁のダム > 相模川水系と酒匂川水系間の連携について

更新日:2022年3月18日

ここから本文です。

相模川水系と酒匂川水系間の連携について

相模川水系と酒匂川水系の2水系間の連携について紹介しています。

相模川水系の下流には「相模大堰」と「寒川取水堰」、酒匂川水系の下流には「飯泉取水堰」があり、これらの堰から安定的に取水を行なっております。

水系間の連携図

酒匂川下流の「飯泉取水堰」から川崎市内の神奈川県内広域水道企業団西長沢浄水場までをつなぐ長大な導水管と、その途中で連絡している相模川水系の「相模大堰」からの導水管を利用することで、相模川水系と酒匂川水系の2水系間の水を相互に融通することが可能であり、両水系の水利用や災害時、水質事故等による影響を低減するバックアップ機能を強化しています。

 

【関連リンク】

企業庁のダムのページへ

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は企業局 利水電気部利水課です。