宮ヶ瀬ダム建設事業

掲載日:2020年3月18日

宮ヶ瀬ダム建設前の画像

宮ヶ瀬ダム建設前の風景

宮ヶ瀬湖

宮ヶ瀬湖

21世紀に向けて、県民に水道水を安定的に供給するため、国が宮ヶ瀬ダム建設事業を計画し水源開発を行いました。この事業では、相模川水系中津川にその中核施設である宮ヶ瀬ダムを建設し、洪水調節、発電、流水の正常な機能の維持と増進を行います。

この事業の特徴としては、既設ダム群の相模ダム、城山ダムと連携して効率的に水を利用させるため、宮ヶ瀬ダムの上流と下流に導水路(道志・津久井)を建設して、総合的に水運用ができる仕組みを構築しました。

また、この事業のほかに、相模川水系建設事業で下流の海老名市社家に取水堰を建設して水道用水を取水し、各水道事業者に供給しています。

宮ヶ瀬ダム建設事業の基幹施設

宮ヶ瀬ダム(所管:国土交通省関東地方整備局相模川水系広域ダム管理事務所(別ウィンドウで開きます)

宮ヶ瀬ダムの画像

宮ヶ瀬ダム

 

企業庁のダムのページへ

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa