道路の新設・改良について|県西土木事務所 工務部 道路都市課

掲載日:2020年10月8日

道路の新設・改良工事について紹介します。

県道731号(矢倉沢仙石原)
南足柄市と箱根町を連絡する道路

現在、令和3年春頃の開通を目指して工事を進めています。

事業内容

本路線は、県西地域の新たな道路ネットワークを構築し、災害時の代替ルートになるとともに、観光振興を始めとする地域活性化にも役立つ重要な社会基盤です。

この路線の整備にあたっては、「国立公園」内などを通過することから、自然環境への影響を少なくするため、既存の林道を活用することで、大規模な改変を極力行わず、乗用車等が安全に通行できるよう、すれ違い施設の設置による相互通行の確保や、法面の崩落対策、交通安全対策など、必要な整備を実施しています。

 kouiki

    

     事業箇所標準横断図 南足柄市矢倉沢~箱根町仙石原

     事業延長 約10.9km

    事業期間 平成25年度~

令和元年10月台風19号等による被災状況と開通見通し  

これまで、令和元年度内の開通を目指して整備を進めてきましたが、令和元年10月の台風第19号により、複数個所(大規模なものは7箇所)において法面の崩落等があったことから、やむなく開通を延期し、順次、啓開作業、応急復旧工事、測量や土質試験等の調査、復旧方法の設計及び復旧工事を進めてきました。

〈被災箇所のうち特に大規模なもの〉

        hisai

 

また、令和2年7月の豪雨時には更に路肩崩落や路盤流出が発生するなど山岳道路ならではの厳しい自然条件の中、工事を進めてきましたが、工事受注者の高い技術力と一日も早い開通を目指す熱い想いにより工事の進捗が図られ、また、概ね復旧工事の設計が整ったことから、工事工程が見えてきました。

現在、令和3年春頃の開通を目指して工事を進めています。

工事の進捗状況(令和2年10月8日現在)

ichisozai

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

A地点

A

B地点

B

C地点

C

D地点

D

E地点

E

F地点

F

                                    

事業概要(道路整備課ホームページ)

林道の通行止めについて

現在、林道区間を全面通行止めにして工事を行っています。全面通行止めの解除(県道として供用する)時期については、令和3年春頃を予定しています。

林道位置図

 

県道74号(小田原山北)
足柄上郡山北町山北から岸地内

国道246号との交差点から新大口橋の区間において、交差点および屈曲部の改良を実施しています。

※既に改良済みの川村小学校付近

県道74号

県道78号(御殿場大井)
南足柄市矢倉沢地内

地蔵堂バイパス終点から静岡県境までの区間を4工区に分けて局部改良し、2車線確保を目指します。

県道78号

県道708号(秦野大井)
足柄上郡大井町篠窪地内

篠窪隧道から秦野市境にかけて、新設橋りょうを含むバイパス道路の整備を進め、平成30年3月10日に供用を開始しました。

供用後の篠窪大橋の様子

供用後のバイパス

 

工事報告パンフレット

 

事業効果

県道708号(秦野大井)篠窪バイパスの開通後の交通状況の変化(PDF:480KB)

 

Get Acrobat Reader

PDFファイルを御覧いただくには、アドビシステムズ社(Adobe Systems Incorporated)が無償配布しているAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、上のアイコンからダウンロードし、インストールを完了してから御利用ください。なお、このファイルは別ウィンドウで表示されます。

本文ここで終了

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。