スクールライフサポーターについて

掲載日:2021年6月15日

神奈川県教育委員会では、将来教育に関わろうとする大学生等を、県内の公立小・中学校(政令指定都市を除く)に派遣する『スクールライフサポーター派遣事業』を実施しています。この事業は児童・生徒の問題行動等の未然防止及び当該大学生等の能力向上を目的として行われるものです。

スクールライフサポーター(大学生等ボランティア)募集
【令和3年度】

【令和3年2月9日更新】

スクールライフサポーターの募集に関する詳細は、以下のちらしを参照してください。
 ≫≫令和3年度募集ちらし(PDF:586KB)

【参考】学習指導員(※スクールライフポーターとは別の事業です)

現在、神奈川県では、教員とともに児童・生徒の指導にあたる「学習指導員」を、政令市(横浜市・川崎市・相模原市)を除く県内すべての市町村立小・中・特別支援学校で募集しています。詳細は、以下のちらしを参照してください。
 ≫≫学習指導員募集ちらし(PDF:362KB)

資格

  • 大学で教職をはじめ、医療、心理、社会福祉等子どもに関わる課程を履修中の大学生等

活動内容

  • 授業中の学習支援(小・中学校)
  • 休み時間の子どもたちの相談相手や遊び相手(小学校)
  • 教職員の教育活動の補助等(小・中学校)

※ただし、中学校における部活動は含みません。

本事業には、次の3つの部門があります。

〔1〕インターンシップ部門

〔2〕ボランティア部門

〔3〕ティーチャーズカレッジ部門

※〔3〕は県立総合教育センターが実施している「かながわティーチャーズカレッジ (チャレンジコース)」の受講者が対象の部門です。詳細は、県立総合教育センター「かながわティーチャーズカレッジ(別ウィンドウで開きます)」のページをご覧ください。

事前研修会・任命式

スクールライフサポーターになるには、小・中学校で活動する上での基本的な心構えや、児童・生徒への支援について研修を行う事前研修会に参加していただき、神奈川県教育委員会からの任命を受ける必要があります。ただし、次の1から4の方は事前研修会への参加義務は免除されます。 

1.すでに教育実習を終了された方、もしくは令和3年7月までに教育実習を終了する予定の方

2.令和2年度までに、大学で本研修と同等の授業及び研修を受講された方

3.過去にスクールライフサポーターとして活動された方

4.ティーチャーズカレッジ部門の方

派遣を希望する方のうち、事前研修を受講した方、もしくは上記1から4の方を、神奈川県教育委員会がスクールライフサポーターに任命し、各小・中学校に派遣します。

申し込み方法等

【初めて応募される方】

 1 下の「スクールライフサポーター窓口のある大学」の学生の方は、大学を通して申し込みをしていただきます。各大学の窓口に「スクールサポーター申込書」を提出してください。

スクールライフサポーター窓口のある大学(PDF:78KB)

スクールライフサポーター申込書(新規申込者/継続者 共通)

 2 上記1の大学以外でも、大学でスクールライフサポーターの募集を行っている場合は、申し込み受付ができますので、各大学に問い合わせてください。

 3 大学で申し込み受付をされていない場合は、下記の問合せ先に直接電話の後、申込書を郵送してください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。