ホーム > 電子県庁・県政運営・県勢 > 地方分権・自治・外交 > 広域行政 > 神奈川の権限移譲 > 県・市町村間行財政システム改革推進協議会の概要

更新日:2022年4月1日

ここから本文です。

県・市町村間行財政システム改革推進協議会の概要

県市町村間行財政システム改革推進協議会の概要

協議会の概要

1 設置目的

神奈川における地方分権の時代にふさわしい県と市町村の関係を構築することをめざし、相互間の行財政システム改革について必要な協議を行うとともに、その具体化を推進します。

2 設置時期

平成8年6月

3 構成団体

  • 神奈川県
  • 県市長会長及び県町村会長が指定した市町村:横浜市、川崎市、相模原市、横須賀市、平塚市、藤沢市、大和市、伊勢原市、座間市、大磯町、中井町、真鶴町、愛川町

(令和4年4月1日現在。上記以外の市町村についても、オブザーバーとしての参加が可能)

4 主な取組事項

  • 市町村への権限移譲の推進(移譲対象事務の拡大等に向けた検討)
  • 国の地方分権改革に対応した県から市町村への権限移譲に向けた検討
  • 市町村の広域連携の推進に向けた検討

このページの所管所属は政策局 自治振興部市町村課です。