都市計画道路 藤沢大磯線が4車線で開通しました

掲載日:2020年7月17日

 県では、湘南地域の東西方向の連絡を強化するため、都市計画道路 藤沢大磯線の県道45号(丸子中山茅ヶ崎)から寒川町道14号線までの延長約1.9km区間について、4車線整備に取り組んでまいりました。

 平成19年4月に、県道46号(相模原茅ヶ崎)から寒川町道14号線までの延長約0.4km区間が4車線で開通し、その後、平成22年12月に、県道45号(丸子中山茅ヶ崎)から県道46号(相模原茅ヶ崎)までの延長約1.5km区間が2車線で暫定開通しました。

 今回、県道45号(丸子中山茅ヶ崎)から県道46号(相模原茅ヶ崎)までの延長約1.5km区間が、4車線で開通しました。

 これにより、さがみ縦貫道路や新湘南バイパスのインターチェンジへの接続機能が強化されることなどから、広域的な交通利便性が向上するとともに、周辺道路の交通混雑の緩和が図られます。

 なお、4車線供用後も引き続き、側道や遮音壁などの道路付属物の工事を進め、早期の事業完了を目指してまいります。

路線名

県道44号(伊勢原藤沢)

開通日

平成26年3月24日(月曜日)

開通延長

約1.5km

幅員等

標準幅員28.5m(4車線)

添付資料:都市計画道路 藤沢大磯線 位置図(PDF:392KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

本文ここまで
県の重点施策
  • 未病の改善
  • ヘルスケア・ニューフロンティア
  • さがみロボット産業特区
  • 県西地域活性化プロジェクト
  • かながわスマートエネルギー計画
  • 東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会
  • 神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」
  • ともに生きる社会かながわ憲章
  • SDGs未来都市 神奈川県 SDGs FutureCity Kanagawa