ホーム > 神奈川県教育委員会 > 新型コロナウイルス感染症の対応について

更新日:2022年7月29日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症の対応について

神奈川県教育委員会における新型コロナウイルス感染症にかかわる対応をお知らせします。

新型コロナウイルス感染症に関連する県立学校及び県立社会教育施設等に関する情報ページです。

(注1)県内の市町村立学校の対応については、各市町村教育委員会にお問い合わせください。

(注2)県立学校の児童・生徒等の新型コロナワクチン接種及び接種後の副反応疑い時に係る出欠席の当面の取り扱いについては、こちらをご覧ください。

(注3)抗原検査キット等を活用した本人のセルフテスト等による陽性判明時点から、医療機関を受診せず即時に療養を開始し、ITによる健康観察サービスを受ける「自主療養」を選択できる仕組みについては、こちらをご覧ください。

(注4)学校生活における児童生徒等のマスクの着用については、こちらをご覧ください。

新着情報

臨休バナー

県立学校における新型コロナウイルス感染症による臨時休業の状況についてお知らせしています(毎週木曜日更新)

Menu

県立学校における教育活動の対応

県立学校における教育活動等の対応状況に関する情報を提供しています

学校あて通知

県教育委員会が県立学校及び市町村教育委員会等に発出した各種通知を掲載しています

学習支援

家庭学習等の場面で活用していただける練習問題やワークシートなどの教材を提供しています

社会教育施設

県立社会教育施設の開館状況などの情報を提供しています

学校開放

県立学校の施設開放事業の実施状況のページにリンクします

感染者の発生状況

県内の公立学校における新型コロナウイルス感染者の発生状況を公表しています

このページでは、新型コロナウイルスの状況を踏まえた、神奈川県立学校(高等学校・中等教育学校・特別支援学校)における教育活動に関する対応の情報を提供しています。


令和4年3月22日以降の県立高等学校等の教育活動等について(通知)(3月17日発出)

本県は、令和4年1月21日から令和4年3月21日まで、新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づくまん延防止等重点措置の対象区域とされ、県立高等学校及び県立中等教育学校においては、現在、令和4年2月10日付け教育長通知及び令和4年3月4日付け教育長通知により教育活動等を実施しているところですが、この度、令和4年3月21日をもって、本県を対象としたまん延防止等重点措置は解除されることになりました。

本県においては、令和4年3月22日以降は、別添の「新型コロナウイルス感染症対策の神奈川県対処方針」及び「3月22日以降の県の取組について」に基づき、感染の拡大防止に取り組むこととなりました。

現在、本県も含め全国的な新型コロナウイルス感染症の感染状況については、新規感染者数は減少傾向となっていますが、依然としてオミクロン株への警戒が必要な状況が続いていることから、各学校においても、引き続き児童・生徒等の安全・安心と学びの保障の両立に取り組むことが必要です。

ついては、県教育委員会として、児童・生徒等の安全・安心を確保しながら教育活動を継続するため、校内における感染防止対策を徹底するという視点から、令和4年3月22日以降の教育活動等について、次のように対応することとしました。

各学校においては、基本的な感染防止対策の徹底に取り組むとともに、各家庭におかれましても、引き続き感染予防の徹底にご協力をいただくようお願いします。


県立高等学校・県立中等教育学校

当面の間は、朝の時差通学を継続することとし、改めて公共交通機関の混雑時間等を確認した上で、校長が登校時刻を設定する。授業については原則として各学校の通常の授業時間及び時間数で実施する。

今後の感染状況により、必要に応じて分散登校が実施できるよう、校長はカリキュラム等の検討を行う。

県立特別支援学校

当面の間は、時差通学及び短縮授業を徹底する。改めて公共交通機関利用の児童・生徒等について、混雑時間等を確認した上で校長が登下校時刻を設定する。

県立学校共通

ア 基本的な対応について
  • 児童・生徒等、教職員の感染が確認された場合、各学校は全体の教育活動は継続しながら、陽性者や濃厚接触者相当の者の確認、消毒作業などの必要な対応を行う。学校が濃厚接触者相当の者のリストを作成し、保健所への送付により濃厚接触者が追認されることから、陽性者の判明から濃厚接触者の特定の間の臨時休業は原則として行わない。
  • ただし、校内で感染が広がっている可能性が考えられる場合には、学級の児童・生徒等の数、学級数等の実情も踏まえ、学級内の陽性者数により、臨時休業実施の判断基準をもとに検討し、県教育委員会と協議の上、必要な範囲、期間の臨時休業を実施する。
  • 臨時休業等に当たっては、オンラインを活用した学習等により、児童・生徒等の学びの保障に万全を期す。
  • 毎朝の検温などの健康観察を行い、発熱等体調不良の症状がある場合は登校せず、自宅で休養すること、必要に応じて医療機関を受診するよう促す。
  • 登校に不安を感じている児童・生徒等については、その出欠席について柔軟に対応するとともに学びの保障に取り組む。
イ 学習活動について
  • 可能な限り感染リスクの低減に努めながら、学びを継続する。
ウ 部活動について
  • 部活動については、可能な限り感染リスクの低減に努めながら活動する。
  • 大会等への参加については、大会等の開催状況、感染防止対策等を確認の上、校長判断の下、その可否を決定する。
エ 学校行事等について
(1)修学旅行等について
  • 修学旅行等の宿泊を伴う行事については、長時間の移動、集団での宿泊による感染リスクがあることを踏まえ、県内や旅行先の感染状況を見極め、判断する。
(2)入学式について
  • 感染防止対策を徹底して実施する。
  • 実施に当たっては、次のように対応する。
  • 式場における座席の間隔は可能な限り広くとること。(左右は60cm程度、前後は1m程度の間隔を確保)
  • 式への参列者は、新入生、教職員及び式の進行に必要な在校生の代表とし、新入生の保護者の参列も可とする。(高等学校及び中等教育学校は、原則として生徒1人につき保護者1人まで。特別支援学校は各校の実情に応じる。)
オ 学年末・学年始休業期間中の対応について
  • 休業期間中も家庭における健康観察を継続し、外出する際は基本的な感染防止対策を徹底すること、また、発熱等体調不良の症状がある場合は、自宅で休養することについて、家庭に協力を依頼する。
  • 部活動や補習等で登下校する場合は、マスクの着用、手指衛生、換気の徹底などの基本的な感染防止対策を徹底する。特に登下校での公共交通機関を利用する際は、必ずマスクを着用し、会話を慎むよう促す。

なお、本通知による対応は、今後の本県の感染状況及び国の動向等によって変更することがあります。

上記に係るより詳細な対応については、次の通知文をご覧ください。

令和4年3月17日【各県立高等学校長・各県立中等教育学校長あて】令和4年3月22日以降の県立高等学校等の教育活動等について(通知)(PDF:1,902KB)

令和4年3月17日【各県立特別支援学校長あて】令和4年3月22日以降の県立特別支援学校の教育活動等について(通知)(PDF:1,912KB)

令和4年3月17日【各市町村教育委員会教育長あて】令和4年3月22日以降の市町村立学校の教育活動等について(通知)(PDF:2,366KB)

 当面の県立高等学校等の教育活動の実施における留意事項について(通知)(5月31日発出)New

現在、本県も含め全国的な新型コロナウイルス感染症の感染状況については、新規感染者数は減少傾向となっていますが、依然として感染症の収束が見通せない中、感染再拡大への警戒を緩めることなく、引き続き生徒の安全・安心と学びの保障の両立に取り組むことが必要です。
令和4年3月17日付け通知においては、各学校における教育活動を実施する上での留意事項を示していますが、国が令和4年5月24日付けでマスク着用の考え方を明確化したこと等を受け、学習活動及び学校行事等の実施における留意事項について、改めて次のように整理します。
各学校においては、感染防止対策を徹底しながら、実施方法等について一層の工夫を行った上で、学習活動及び学校行事等を継続できるよう、計画・実施するとともに、各家庭におかれましても、引き続き感染予防の徹底にご協力いただくようよろしくお願いします。

 

なお、本通知による対応は、今後の本県の感染状況及び国の動向等によって変更することがあります。

上記に係るより詳細な対応については、次の通知文をご覧ください。

令和4年5月31日【各県立高等学校長・各県立中等教育学校長あて】当面の県立高等学校等の教育活動の実施における留意事項について(通知)(PDF:725KB)

令和4年5月31日【各県立特別支援学校長あて】当面の県立特別支援学校の教育活動の実施における留意事項について(通知)(PDF:722KB)

令和4年5月31日【各市町村教育委員会あて】当面の市町村立学校の教育活動の実施における留意事項について(通知)(PDF:1,167KB)

 

また、県教育委員会の方針に基づく各県立学校における具体的な対応については各学校に、市町村立学校の対応については、各市町村教育委員会にお問い合わせください。

新型コロナウイルス感染症への県教育委員会のこれまでの対応について

県内で国内初となる感染者が確認された令和2年1月16日以降、県教育委員会では、文部科学省の通知等に基づき、新型コロナウイルス感染症への対応を行ってきました。

次のとおり主な内容をまとめておりますので、ご覧ください。

新型コロナウイルス感染症への県教育委員会の対応について(令和2年2月から令和4年7月まで)(PDF:550KB)


 児童・生徒等の新型コロナワクチン接種及び接種後の副反応疑い時に係る出欠席の当面の取扱いについて(通知)(6月21日発出)

児童・生徒等が新型コロナワクチンを接種するに当たり、課業日に接種せざるを得ない理由があると認められる場合及び接種に伴う副反応であるか不明であるが接種後に体調不良により欠席した場合の出欠席の取扱いについては、次の通知文をご覧ください。

令和3年6月21日【各県立学校長あて】児童・生徒等の新型コロナワクチン接種及び接種後の副反応疑い時に係る出欠席の当面の取扱いについて(令和3年6月21日時点)(通知)(PDF:78KB)


 オミクロン株に係る自主療養の開始について(通知)

オミクロン株に係る感染の急拡大により、現在、外来診療や保健所の業務が逼迫状況となっていることから、県では、抗原検査キット等を活用した本人のセルフテスト等による陽性判明時点から、医療機関を受診せず即時に療養を開始し、ITによる健康観察サービスを受ける「自主療養」を選択できる、「自主療養」の仕組みを導入しました。

「自主療養」の開始に伴う学校での対応については、次の通知文をご覧ください。

令和4年7月28日【各県立学校長あて】自主療養届出制度の活用等について(通知)(PDF:1,514KB)

令和4年7月28日【各市町村教育委員会教育長あて】自主療養届出制度の活用等について(依頼)(PDF:1,536KB)

令和4年2月22日【各県立学校長あて】オミクロン株に係る重点観察対象者の変更に伴う自主療養対象者の変更について(通知)(PDF:714KB)

令和4年2月22日【各市町村教育委員会学校保健主管課長あて】オミクロン株に係る重点観察対象者の変更に伴う自主療養対象者の変更について(依頼)(PDF:743KB)

令和4年1月28日【各県立学校長あて】オミクロン株に係る自主療養の開始について(通知)(PDF:7,556KB)

令和4年1月28日【各市町村教育委員会学校保健主管課長あて】オミクロン株に係る自主療養の開始に伴う市町村立学校における対応について(依頼)(PDF:5,197KB)

令和4年1月31日【各市町村教育委員会学校保健主管課長あて】「オミクロン株に係る自主療養の開始に伴う市町村立学校における対応について(依頼)」の一部訂正について(PDF:1,505KB)


 学校生活における児童生徒等のマスクの着用について(通知)

学校生活における児童生徒等のマスク着用の考え方等については、次の通知文をご覧ください。

令和4年5月26日【各県立学校長あて】「学校生活における児童生徒等のマスクの着用について」及び「マスクの着用に関するリーフレットについて」について(通知)(PDF:1,172KB)

令和4年5月26日【各市町村教育委員会あて】「学校生活における児童生徒等のマスクの着用について」及び「マスクの着用に関するリーフレットについて」について(依頼)(PDF:1,173KB)


参考資料 新型コロナウイルス感染症に関連した対応に関する各種ガイドライン等

学校における新型コロナウイルス感染症対策のための手引き(幼稚園、小・中学校等)について

ICTを活用した学びづくりのための手引き(小・中学校)について

教育活動の再開等に関するガイドライン(5月22日)

学校行事に関するガイドライン

部活動に関するガイドライン

県立学校における新型コロナウイルス感染症対策について

新型コロナウイルス感染症対策として、国庫補助金及び新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金等を活用し、各県立学校の実情に応じて必要な備品等を整備しています。

このページの先頭へ戻る

このページに関するお問い合わせ先

教育局 総務室

教育局総務室へのお問い合わせフォーム

教育ビジョン・広報グループ

電話:045-210-8078

このページの所管所属は教育局 総務室です。