障がいのある職員の活躍事例(学校技能員)

掲載日:2020年8月27日

特性

精神障がい

仕事と配属先

所属

県立高等学校

担当職務

  • グラウンド、中庭等校地内草刈り
  • 職員室、廊下等の清掃
  • 蛍光灯交換、水道水漏れ等の小破修繕、簡易な製作

現在の職務内容、仕事のやりがいなど

職場の雰囲気は、親切な方が多く、コミュニケーションが取りやすい職場です。教職員とは、行事の際は一緒に作業することもあり、また修繕の依頼を受けた際などにコミュニケーションを取るように心がけています。
仕事のやりがいとしては、生い茂った草木をきれいに刈り取ったり、古くなった箇所を修繕して使えるようにし、教職員や生徒から感謝の言葉をかけてもらった際など、学校の一員として必要とされている実感があります。
今後は、未経験の業務に対応できるよう、技術研修等に積極的に出席し、スキルアップしたいと考えています。

一日のタイムスケジュール例

  • 朝:朝のミーティング(当日作業の確認)
  • 日中:(午前)職員室等清掃、グラウンド草刈り、(午後)小破修繕、清掃

職場環境について

私は、障がい特性として音に敏感なため、休憩時間中は静かな環境にしてもらうよう、周囲の教職員にお願いしています。業務面では、主に身体を使い、決まった仕事がほとんどのため、コミュニケーションで困ることがないことも、精神障がい者には向いていると思います。

先輩職員からのメッセージ

学校技能員は、生徒の学習環境や教職員の職場環境を裏で支える縁の下の力持ちです。目立たないが、必要な仕事を進んでやることで、学校環境を整備していきます。先輩技能員や教職員の方々と力を合わせて、一緒に生徒の学校生活を支える仕事をしましょう。