更新日:2022年5月10日

ここから本文です。

認定鳥獣捕獲等事業者制度

認定鳥獣捕獲等事業者制度について

平成27年5月に「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」が施行され、新たな捕獲等事業の担い手を確保するために認定鳥獣捕獲等事業者制度が導入されました。

制度の概要

鳥獣の捕獲等に係る安全管理体制や、従事者が適正かつ効率的に鳥獣の捕獲等をするために必要な技能及び知識を有する鳥獣捕獲等事業を実施する法人について、都道府県知事が認定をする制度です。

認定鳥獣捕獲等事業者は、主に公的な捕獲事業の担い手となり、鳥獣の管理捕獲等を確実に実施していくことが期待されています。

詳細は、環境省ホームページをご覧ください。

 

認定手続

認定までのフローチャート

認定までの流れ

認定に要する日数は、約30日です。(申請書類の不備等の理由により補正するための必要な日数を除きます)

申請手続

申請の際は、必ず次の「鳥獣捕獲等事業認定申請の手引」をご確認ください。

事前相談及び申請受付窓口

申請の際は、必ず下記の担当部署まで事前にご相談ください。

受付時間は、開庁日の8時30分から17時15分までです。

担当部署 所在地 電話番号

自然環境保全課 野生生物グループ

〒231-8588

横浜市中区日本大通1

神奈川県庁 新庁舎3階

045-210-4319

認定状況

認定の公示

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は環境農政局 緑政部自然環境保全課です。