神奈川県在宅看取り検案研修

掲載日:2019年12月25日

新着情報

令和元年12月25日
 令和元年度在宅看取り検案研修を令和2年1月から2月に実施します。

令和元年度神奈川県在宅看取り検案研修について

  チラシ表(チラシ表)  チラシ裏(チラシ裏(申込用紙))

目的

 今後、在宅で最期を迎える方が増加することが予想されることから、在宅看取りを適切に行い、次いで、死亡診断書を適切に発行し、又は死体検案を適切に行うことのできる地域の医師を育成するために行います。

受講対象者

 在宅看取りや検案に取り組んでいる(又は今後取り組みたい)医師の方で、県内の医療機関等に勤務し、かつ全研修日程に参加できる方

聴講

看護師・保健師の方(研修の全日程を聴講可能)

 在宅医療や看取りに携わっている(又は今後携わりたい)看護師(保健師を含む。)の方で、県内の医療機関等に勤務している方

看護師・保健師以外の医療・介護従事者・行政職員等(1日目のみ)

 在宅医療や看取りに携わっている(又は今後携わりたい)医療・介護従事者・行政職員の方で、県内の医療機関等に勤務している方

研修内容



日時 令和2年1月26日(日曜日)13:30 から 17:00(開場13:00)
場所 神奈川県総合医療会館 7階講堂
内容 1「在宅における看取りとACPの実践」
    狙い 在宅看取りが求められている背景や患者の意思決定プロセスを学びます。
    講師 神奈川県医師会理事・内科久保田医院院長 久保田 毅 先生
   2「警察における検視の実態」
    狙い かかりつけ医等でも死亡診断書の交付や死体検案が可能な事例でも、警察による検視の対象となっている例が多いことを学びます。
    講師 神奈川県警察本部刑事部捜査第一課検視室 内川 隆 検視官

2

日時 令和2年2月2日(日曜日)13:30 から 17:00(開場13:00)
場所 産業貿易センター B102会議室
内容 3「在宅看取りにかかわる関連法規」
   4「死亡診断書・死体検案書の書き方」
    狙い 在宅看取りや検案に係る関連法規や死亡診断書・死体検案書の書き方や考え方を学びます。
    講師 横浜市立大学医学部法医学 井濱 容子 教授


3

 日時 令和2年2月16日(日曜日)13:30 から 17:00(開場13:00)
 場所 産業貿易センター B102会議室
 内容 5「死体検案の実際」
    狙い 死因、死亡時刻の推定の手法等、検案のポイントを学びます。
    講師 聖マリアンナ医科大学法医学教室 向井 敏二 教授
                       呂  彩子 准教授

 申込み方法・期限

 以下を明記の上、電子メール又はファクシミリにより下記まで申し込みが必要です。
 「神奈川県在宅看取り検案研修申し込み」と記載して申し込みしてください(電子メールの場合は件名に明記)。

 1 氏名(ふりがな)
 2 ご所属(医療機関名等)
 3 ご所属の所在地
 4 職種
 5 検案経験の有無(医師の方のみ)
 6 聴講希望日(医師以外の方。医師の方は前日出席できる方が受講対象です)
 7 電話番号
 8 ファクシミリ番号
 9 電子メールアドレス

  申込み先:エクセレントキャリア株式会社(神奈川県からの研修会受付業務の再委託先事業者)

  • 電子メール info☆exll-ca.jp 【☆を@に変えてください】
  • ファクシミリ 03-5297-6516

研修場所

各会場とも駐車場の用意はありませんので、公共交通機関又は民間時間貸駐車場をご利用ください。

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。