ホーム > 健康・福祉・子育て > 医療 > 救急・災害医療 > 「令和4年度非常用自家発電設備及び給水設備整備事業」に係る事業計画書の提出

更新日:2022年5月2日

ここから本文です。

「令和4年度非常用自家発電設備及び給水設備整備事業」に係る事業計画書の提出

令和4年度の医療提供体制施設整備費補助金(非常用自家発電設備及び給水設備整備事業)に係る事業計画書の提出についてです。

非常用自家発電設備及び給水設備整備事業

補助目的

災害により長期の停電又は断水が発生しても病院の診療機能を維持するために必要な電気及び水を確保できるよう、非常用自家発電設備及び給水設備の整備強化等を図ることを目的とする。

事業内容 

(1)非常用自家発電設備

非常用自家発電設備(病院の診療機能を3日程度維持するために必要な燃料の備蓄又は自然エネルギーの活用等による蓄電機能を有するものに限る。)を整備するものとする。

(2)給水設備

給水設備(病院の診療機能を3日程度維持するために必要な水を確保する受水槽又は地下水利用のための設備)を整備するものとする。

補助金額

基準額

(1)非常用自家発電設備

ア 非常用自家発電設備 1か所あたり 149,535千円

イ 燃料タンク1か所あたり 29,883千円

(2)給水設備

ア 受水槽 1か所あたり 137,802千円

イ 給水設備 1か所あたり 64,800千円

調整率 0.33
対象経費

(1)非常用自家発電設備

ア 非常用自家発電設備整備又は更新に必要な工事費又は工事請負費

イ 非常用自家発電設備の燃料タンク増設又は補強等に必要な工事費又は工事請負費

(2)給水設備

ア 受水槽整備又は更新に必要な工事費又は工事請負費

イ 給水設備整備(地下水利用のための設備整備、受水槽増設又は補強等)に必要な工事費又は工事請負費

 

事業実

救命救急センター、周産期母子医療センター、地域医療支援病院、特定機能病院の開設者(ただし、地方公共団体及び地方独立行政法人を除く。)。

(※医療法第7条の規定に基づき許可を受けた病院又は診療所、又は同法第8条の規定に基づき届出をした診療所の開設者)

提出書類

  1. 01_個別様式(様式30)、内訳書.xlsx(エクセル:286KB)
  2. 02_別紙2_事業の実施に要する経費に関する調書.xlsx(エクセル:55KB)
  3. 03_基準額算出内訳書.xlsx(エクセル:163KB)
  4. 見積書
  5. 交付条件に該当することがわかる書類
  6. その他参考となる資料

提出期限

令和4年5月20日金曜日【厳守】

その他

  • 本補助金を活用する意向がある場合は、本事業計画書を必ずご提出ください。意向がない場合の提出及び連絡は不要です。
  • 本補助金は国庫補助金です。本補助金を活用できるかどうか現時点では未確定です。また、本補助金の内容が変更となる場合もありますので、御承知おきください。
  • 本補助事業の完了時期は令和4年度中を想定しています。
  • 本事業計画書の提出後に、回答された内容が変更になる場合は、速やかに御連絡くださるようお願いします。
  • 上記のほか、不明な点がある場合は、問合せ先まで連絡をお願いします。

 

このページに関するお問い合わせ先

医療整備グループ
電話 045-210-4874

このページの所管所属は健康医療局 保健医療部医療課です。