ホーム > 電子県庁・県政運営・県勢 > 県土・まちづくり > 道路・交通 > 平塚土木事務所 > 県道612号(上粕屋南金目) (都)曽屋鶴巻線の整備

更新日:2022年4月6日

ここから本文です。

県道612号(上粕屋南金目) (都)曽屋鶴巻線の整備

「県道612号(上粕屋南金目) (都)曽屋鶴巻線の整備」の業務内容紹介です

都市計画道路 曽屋鶴巻線【県道612号(上粕屋南金目)】鶴巻温泉駅工区 街路整備・電線地中化事業

この事業の所管は、道路都市課(街路公園班)です。

 

詳細な事業情報については、都市計画道路曽屋鶴巻線【県道612号(上粕屋南金目)】鶴巻温泉駅工区 街路整備・電線地中化事業(PDF:686KB)をご覧ください。

 

<事業の目的>

 都市計画道路曽屋鶴巻線は、秦野市曽屋から小田急小田原線鶴巻温泉駅付近に至る道路で、秦野市域の南北方向における広域ネットワークを形成する主要幹線道路です。

 当事業箇所は、歩行者が多い駅周辺の県道にも関わらず、幅員が狭く歩道も整備されていない危険な状況であったため、地元関係者等から早期の整備が強く求められていました。

 こうした中、平成19年(2007年度)から事業に着手しており、「街路整備事業(道路拡幅等)」は、概ね完成(供用)して、今年度12月から令和4年3月まで、歩道の舗装(仕上げ)工事に着手する予定です。

 また、災害に強く安全快適な歩行空間確保と、良好な都市景観形成を図ることを目的として、「電線類の地中化事業」も併せて行うこととしており、地中化事業を進めていくにあたり必要となる「電線共同溝(本体)」は、既に完成しています

 今後は、電気・通信事業者が、沿道にお住いの方々と調整しながら「電線共同溝(本体)」に電線を入線したり地上機器を設置した後、電柱や電線類の撤去工事などを進めていきます。

 

<事業の概要>

  • 事業箇所:秦野市 鶴巻南一丁目~鶴巻北二丁目 地内
  • 事業延長:L=318m(延命地蔵尊前交差点~小田急線踏切)
  • 計画幅員:W=13.0m(車道7m+両側歩道3m)
  • 車線数 :2車線
  • 完成目標:令和5年度(2023年度)

 

 ※1 事業概要(PDF:4,279KB) ※2 電線共同溝とは(PDF:1,091KB)

 

最新情報

↓詳細な事業情報はこちらをご覧ください。

2021年10月 都市計画道路曽屋鶴巻線【県道612号(上粕屋南金目)】鶴巻温泉駅工区街路整備・電線地中化事業(PDF:1,043KB)

2021年12月 都市計画道路曽屋鶴巻線【県道612号】(上粕屋南金目)鶴巻温泉駅工区 道路工事のお知らせ(PDF:1,936KB)

 

 

写 真

syashin1

延命地蔵尊前交差点付近(令和3年6月撮影)

syashin2

鶴巻温泉駅南口付近(令和3年6月撮影)

 

 

このページの先頭へもどる

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は 平塚土木事務所です。