ホーム > 電子県庁・県政運営・県勢 > 県土・まちづくり > 道路・交通 > 平塚土木事務所 > 県道44号(伊勢原藤沢) (都)湘南新道の整備

更新日:2022年4月6日

ここから本文です。

県道44号(伊勢原藤沢) (都)湘南新道の整備

「県道44号(伊勢原藤沢) (都)湘南新道の整備」の業務内容紹介です

県道44号 (都)湘南新道(国道129号~県道606号)の道路整備整備

この整備の所管は、道路都市課(街路公園班)です。

 

詳細な事業情報については、都市計画道路 湘南新道【県道44号(伊勢原藤沢)】東真土・西真土工区 街路整備事業(PDF:1,173KB)をご覧ください。

 

<事業の目的>

 本路線は、平塚市四之宮の寒川町境(湘南銀河大橋の中間付近)から大磯方面へ至る道路で、平塚市域の東西方向における広域ネットワーク形成や国道1号の交通混雑緩和を図ることを目的とした主要幹線道路(4車線)です。
 本事業箇所は、県道44号(伊勢原藤沢)として、既に完成供用済みの区間(L=約1,200m)に続く「国道129号西側から県道606号(大島明石)までの延長約1,280m(東西の2工区)」であり、平成23年(2011年)より、「東真土工区」の用地取得等に着手しています。
 なお、この箇所は、「埋蔵文化財包蔵地」であるため、発掘調査を実施する必要があり、工事着手までに長期の日時を要していますが、令和3年1月より、調査の完了した箇所から、工事に着手しました。
 今後も引き続き、平塚市の関係部局等と連携しながら、用地取得や埋蔵文化財調査及び工事を推進し、早期の供用を目指していきます。

 

<事業の概要>

  • 事業箇所:平塚市東真土一、二丁目、西真土一、二丁目地内
  • 事業延長:1,280m
  • 計画幅員:25.0m
  • 車線数 :4車線
  • 供用目標:工程を精査中

 

最新情報

↓詳細な事業情報はこちらをご覧ください。

2021年9月 都市計画道路 湘南新道【県道44号(伊勢原藤沢)】事業看板設置(PDF:382KB)

2021年7月 都市計画道路 湘南新道【県道44号(伊勢原藤沢)】東真土・西真土工区 街路整備事業(PDF:1,219KB)

 

 

 

 

このページの先頭へもどる

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は 平塚土木事務所です。