更新日:2022年6月10日

ここから本文です。

ワンウェイプラの削減・取組状況について

神奈川県におけるワンウェイプラ削減の取組

 
  店舗数 辞退率

スーパーマーケット

260店舗  82.2%

コンビニ、生協、

ドラッグストア等

1,413店舗  81.2%

合 計

1,673店舗  81.3%

【辞退率の算出方法について】

  •  業態によって、客層や設備等が異なるため、スーパーマーケットとそのほかを区分して集計。
  •  辞退率は、事業者ごとの(辞退率)×(店舗数)を総計し、全店舗数で除して算出した。

配布しているレジ袋の種類

graphhukuro

graphhukurosetsumei

 バイオマス素材が含まれているレジ袋が最も多く、次が通常のレジ袋でした。

レジ袋削減の取組

graphtorikumi

 その他の取組には、レジ袋削減の声掛けや辞退者へのポイント進呈などがありました。

レジ袋以外のワンウェイプラ削減の取組事例

 レジ袋以外のワンウェイプラ削減の主な取組状況は、次のとおりです。

 ・ストロー(取組事業者数 8)
  配布しない、必要な人のみに配布、生分解性ストローを使用 など

 ・トレイ(取組事業者数 8)
  リサイクル素材のトレイを使用、回収してリサイクル、トレイを使わず販売 など

 ・発泡スチロール(取組事業者数 5)
  回収してリサイクル 

ワンウェイプラ削減の先進事例紹介

 ワンウェイプラの削減に取り組む企業の先進事例をご紹介します。

 令和2年度の紹介事例はこちら

P&Pリ・リパック
(株式会社ヨコタ東北)

 食品トレー「P&P リ・リパック」は、3層シートの上下をバージン原料、中間層に再生材料を使用し、さらに上部にもう一枚特殊PPフィルムが貼られています。使用後にフィルムをはがすことで、洗わなくてもきれいな状態で回収することができます。(エコマーク認定商品)

riripack

プラスチック代替素材等の先進事例紹介

 プラスチック代替素材の先進事例をご紹介します。

カネカ生分解性バイオポリマー Green Planet®
(株式会社カネカ) 

 植物油などのバイオマスを原料とし、微生物発酵プロセスによって生産されるポリマーです。自然界の海水や土壌に存在する微生物により分解され、最終的には炭酸ガスと水になります。ストロー、レジ袋、カトラリー、食品容器包装材などの幅広い用途への利用が期待されます。

kanekakanekaplate

 

このページの先頭へもどる

このページに関するお問い合わせ先

このページの所管所属は環境農政局 環境部資源循環推進課です。