精神障害者保健福祉手帳

掲載日:2020年5月18日

お知らせ

新型コロナウイルス感染症に係る精神障害者保健福祉手帳の更新手続の臨時的な取扱いについて

新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、申請者が医師の診断書の取得のみを目的として医療機関に受診すること等を避けるため、更新手続に必要な診断書の提出を一定期間猶予する取扱いをいたします。

更新申請書を提出された方については、現在お持ちの手帳と同じ障害等級のまま、有効期限を2年更新します。

【対象者】

 ・令和2年3月1日から令和3年2月28日までの間に有効期限を迎える方

 ・更新時に診断書を添えて申請書を提出する必要がある方

【診断書提出猶予期間】

 現在お持ちの手帳の有効期限の日から1年以内

臨時的な取扱いに関するお知らせ(PDF:83KB)

精神障害者保健福祉手帳 

 精神障害者保健福祉手帳は、一定の精神障害の状態にあり、日常生活又は社会生活への制約のある方が対象となります。この手帳を取得することにより、福祉的サービスが受けやすくなり、精神障害者の自立と社会参加の促進が期待されます。障害の等級は1級から3級まであり、判定は申請時に添付する診断書又は年金証書等により行います。申請はお住まいの市町村(エクセル:15KB)の担当窓口で受け付けています。

診断書(精神障害者保健福祉手帳用)[Excelファイル/189KB]

診断書(精神障害者保健福祉手帳用)の書き方について

精神障害者保健福祉手帳及び自立支援医療(精神通院医療)申請時におけるマイナンバーの記載及び必要書類について

神奈川県精神障害者保健福祉手帳障害等級判定基準[PDFファイル/410KB]

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。